Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
年末にとんでもない隠し玉がいた!!
こういうblogをやってるとついつい「今年のBest Album」的な物をやりたくなりますよね。つうわけでそういうものを近日中にアップする予定です。お暇なら見てくださいな。

それに向けて整理しようとすると最近俺的にグイグイきてるこいつらを書かずにはいられない。
The Fratellisです。
グラスゴー出身の3人組ですが、ラモーンズよろしく、全員がFratelli性を名乗ってます。
なんとなく臭うな~、と思ってCDを聴いてみるとやっぱりアホ臭が漂っていました。
別に悪い意味で言ってるつもりは皆無で、パーティー大好きって意味でアホ臭さ満載と言うことで。
楽曲のポップさ、キャッチーさ、Al通しての完成度の高さは今年度としてはArctic Monkeysに並び称して遜色のないものだと思います。
両者の最大の違いはArctic Monkeysはどこまでもカッコよく自分のロックを鳴らそうとしているのに対し、The Fratellisはどこまでも楽しく、踊れる曲を鳴らそうというところでしょうか。
演奏面に関しては恐らく両者トントンかな??

Alの冒頭から「Hello~♪」と幕を開ける「Henrietta」から楽しさ全開!!緩急の具合、サビのスピード感。どれを取っても絶妙。これ一曲でも新人としては破格もの!!
なだれ込むように「Flathead」へ移行。サビ(?)は「パラッパッパラララ~♪」と大合唱必死!!なんて気持ち良いリズムを刻むのだろうか。
アコギでちょいと落ち着いた「Whistle For The Chair」で一息。でもこれもカントリーチックでよく作られてるんよな。曲書いてる奴はかなり器用な奴だと思う。
「Chelsea Dagger」でも勢い止まらず、イントロから合唱で中盤以降のサビへの展開は怒涛の如く。ドラムがキッチリ固めのリズムを取ってます。

あ~!!一曲ずつウダウダ解説しても仕方ない!!「For The Girl」も「Creeping Up The Backstairs」も「Everybody Knows You Cried Last Night」も「Baby Fratelli」もいいっつうの!!

なんかね、こういつらの盛り上げ方はある種やらしいっていうか、どこで溜めてどこで吐き出せばリスナーが気持ちよくなるか知ってる。
それは自分達もリスナーであるからなんだろうけど、曲を作るときに常にリスナーの存在があると思う。
何度「そこでそうするのは反則やろ~」と思ったことか。まぁその時は口元は綻びっぱなしなんですが。
もうなんせ盛り上がり間違いなしのかなりのAlです!!

ただ、The Fratellisは多くの曲で3人分以上の音が散らかってるのでライブはどうなんでしょうか??打ち込みで対処するのか音が減るのか??
どちらも一長一短あるけど完全再現は望みにくそうだ…

今はこのAlで充分すぎてありがたい♪2006年を代表する1枚には間違いなし!!!!

The Fratellis「Costello Music」
20061216151324.jpg


今のBGM:電気グルーヴ「虹」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
このアルバムいいですよね!
僕も今年のお気に入りです。
確かに反則だっていいたくなるほど盛り上がる曲ばかりですね。
2006/12/17(日) 22:34:36 | URL | センモニ #-[ 編集]
はじめまして
>セレモニーさん
まじでいいですよね♪今年のランキング作る上では絶対欠かせない。
就職してからはあんまりディープな所の音楽には手を出さなくなってしまうようになりました…
2006/12/18(月) 01:20:11 | URL | 南派少林寺 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。