Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
死んでも行けってこと?
あと二回寝たら社会人初の給料日となるわけでテンションも上がるわけですよ。新譜を買う余裕はないので細々と中古CDで今は我慢だ。

懐かしのGodiegoですよ。
こないだ西遊記のドラマがリメイク(?)されましたが25年ほど経っても同じ製作スタイルなのはある意味ビビらされました。
ほんで初代西遊記の主題歌と言えばGodiegoの「ガンダーラ」「Monkey Magic」です。日本人なら誰でも聞いたことがあるでしょう。
70年代にはかなりの人気を誇っていたようなんですが流石にリアルタイムは知りようがないです。生まれてないので。
ただこういった良質な音楽が確かな評価を得ていたのは嬉しい限りです。勿論Godiegoの音楽のキャッチーさありきでしょうが、なんというか「本物」の音楽だと思います。安っぽく聞こえますが。

まず「Monkey Magic」ですが初っ端の「アチャ~!!」でもうノックアウトですな。
加えて日本人離れしたグルーヴとKe.、カッコイイカッティングをかますG.、ELO辺りが大好きだと言わんばかりの最高の西遊記ソングです。素晴らしくファンク!!
「Monkey Magic」を動とするなら、静の「ガンダーラ」。あたかも無鉄砲な孫悟空と遙か天竺を旅する三蔵法師のような対比でもあります。こっちの少しひねたメロはThe Beatlesが強いんですかね?
国民的アニメ「銀河鉄道999」の同名曲「銀河鉄道999」が一番好きかも。これだけ曲としても主題歌としても立っているアニソンはほかにないでしょう。これもKe.が素晴らしく生きてます。
「そうさ君は気付いてしまった 安らぎよりも素晴らしいものに 地平線に消える瞳には いつしかまぶしい男の光 あの人の目がうなづいていたよ 別れも愛の一つだと」って二番の歌詞がカッコ良過ぎてメロメロですわ。アニソンとしても一つの曲としても超一流。
60,70年代特有の恥ずかしげもない平和の歌「ビューティフルネーム」もいい。バリバリ直球な曲なのにバッチリ作り上げてます。
…と挙げているとキリがないのでここらで一曲ずつの説明は置いといて…

つまりはGodiegoの魅力とはメロディーの良さはさることながら曲の構成力だと思います。試しに聞くと単純なようで、聞き込んでみると隙のない作りこまれた曲達。
特異なものから正統派なものまでしっかりGodiego色に作り上げる手腕は流石。
一つ一つの音は仕方ないとしても、現在聞いても色褪せない曲達ということだけでもその普遍性は垣間見れるでしょう。

60年代70年代では数々の名作が生まれました。そしてそれがメインストリームにも乗っていました。
しかし現在ほどではないにしろ、情報化の進んだ80年代にはキャラ重視というか情報先行の売り方が幅を利かせて、いわゆるアイドルの曲がチャートに並びだします。ジャニーズの台頭や女性アイドルでしょう。
全てではないしろ割を食ったアーティストも多いでしょう。その流れは今日マシになったとはいえまだ残っているでしょう。
そういう点ではGodiegoは「古きよき日本音楽」の最終章的な位置づけのような気がします。
因みにGodiegoは94年に通常のBestと全英歌詞のBestを同時に出しており、下の画像は全英歌詞のものです。全然安っぽくとかはないんで是非聞いてみてください。

Godiego「Great Best Vol.2」


今のBGM:Cream「Crossroads」
スポンサーサイト
アニメタル
明日はDovesのライブ。非常に楽しみです。正直SFAよりも楽しみですがどんな世界を展開してくれるのか?
その後には半年振りぐらいに友人のイベント行ってきます。
http://borderless69.hp.infoseek.co.jp/
↑こんなイベントです。明日のライブでもフライヤー配るっつてたな~。宣伝みたいですが気が向いた方どうぞ。飲みましょう。

最近、当初と趣旨が若干ズレてる感もありますがアニメタルです。
いや、駅前のレンタルCD屋がレンタル落ちのCDを叩き売りしてたのでついつい購入してしまった一品です。だもんで1stAlのみです。他にもいろいろ買ってきました。1枚50円なんでがさがさと…本来はレンタル落ちは汚いしシールだしで敬遠してますが。
基本メタル好きではありません。今までレビューしたアーティストを見てもらえれば分かると思いますが。メジャー所はある程度聞いてきてますが、正直大抵は趣味じゃないです。好きなのもありますけどね。
そんで今作ですがご存知のようにメタルでは異色の売り上げを記録したアニメタルの1stです。アニメの曲をこれでもかとメタルにアレンジして歌い上げています。
聞くためには下準備というか、幼児期に脳裏に死ぬほどアニメを刷り込まれた腐った脳みそが必要です。
今作は特にロボット物、ヒーロー物に焦点を当てた作品になっています。年齢的にピンポイントな作品は一つもないですが、幼い頃からテレビでアニメを、中学生まで登校前と夕方6~7時にはアニメを、ゲームではスーパーロボット大戦をやっていた自分にはなぜかほとんどストライク。暇だとついついケーブルでアニメ見てまうしな~。それか音楽ch。
…やばい…人望をどんどん失っている気がする…

それはそれとして原曲を知っているとおいしいとこどりのメドレーは非常にカッコイイ。パンクとメタルはカバーすると無条件にカッコよくなる傾向がありますね。
現在のアニソンは曲ありきで、作品のために作られるわけではなく、アーティストの曲をタイアップ的に使われています。その好例もあります。コナンやNARUTO、るろうに剣心なんかはそれぞれカラーがあってサントラがオムニバスアルバムとして非常に魅力的。趣味によりますが。
最近では矢沢あいの「Paradice Kiss」ってのがアニメ化されてふと映っていたので見ているとEDテーマがFranz Ferdinant「Do You Want To」だったのにはたまげた!!時代は変わったな~。
んで昔のアニソンはバリバリ作品に合わせて作る。「~のテーマ」みたいな。つまり作品を見てない人には全く認知さfれないのだが…その中には確実に凄い名曲がある!!男の子にはある!!
男女関係ないか?皆さん胸に手を当てればアニメの忘れえぬ名曲があるでしょう?口ずさめるでしょう?
そんな普段使う部分には全く響かないが、体のどこかにある何かにバッチリ響く曲をガッツリメタルでやってるもんで虜です。

今さら感がでかいですが、音楽的には捻くれて聞いてみると案外面白いです。希代の名曲や大御所の曲からの引用がそこかしこにあります。「お、このギターリフは!!」なんて何度もです。KissやらDeep Purpleやら、意図的なもんでしょうが…
メンバーも日本のメタル界ではかなりのものらしく演奏面での不安感は全くありません。かなりのテクですからむしろ面白くて笑えます。

ま~要するに大いにはまるか毛嫌いするかの二択ですかね?
なんだか私の気持ち悪さだけを露呈するblogになってしまったようで大いに凹みます…そんなやばい人間じゃないと思うんやけど…

アニメタル「アニメタルマラソン」


今のBGM:Doves「Black And White Town」
大阪の誇る変態ども
先日タワレコで買ったCDを聞きまくってますが、全てハズレがなくて素晴らしい。というか冒険してかったCDも無いんで当然ですが…Death Cab For Cutieは(それ目当てで買ったところもあり)最新Alのポスターが付いていて部屋に張ってます。満足満足♪

さぁて赤犬です。
ボロフェスタでも書いたし、正直どうかな~と思ったけどやっぱ書かねばなるまい。
大阪の誇る変態一座、秘宝館バンド赤犬!!ステージ上は大賑わい、人口大爆発。
通常のバンド構成にホーンセクション、バイオリンなどを加えた13人のアホたち、それが赤犬。
何から書こうか…彼らに足りないものといえば「品」、一言で言えば下世話。PTAの目にでも触れればあっという間にこの世から存在を抹消されてしまうでしょう。
例えば小、中学生の下ネタなんて聞くだけで吐き気がするって人には…無理でしょうなぁ。
結成は93年と中々のキャリアですがここ数年で噂が噂を呼び、ネット上やライブ会場で一気に興味を攫っていった感があります。特に今年の夏フェスには軒並み出演を果たし、噂を耳にしても正体を見たことのない人たちを一気に虜にしていきました。
かくいう私も遂に目の当たりにしたわけですが…
CDを聞くと演歌、昭和歌謡、アイドル曲からハードコアまで見事にバラエティー豊かに表現しております。馬鹿です♪
曲を聞いてると著作権法すれすれ(?)に色んな曲のあのメロディー、このメロディーが顔を覗かせます。
アメリカ国家に歌詞は君が代の「親方星条旗」なんてその筆頭で、聞く人が聞けば国際的に発売中止まで起こりそうです。
代表曲は?と聞かれれば「U.N.C.O」…まぁつまりまんまな曲なんですよ。
正式に全国発売されてるCDは多分下の画像のものだけですが、そのCDにしたところがRemix含む本編10曲、(何のかしらんが)映画用音楽20曲、更にはPC用ゲームまで入って1500円!!安っ!!
その他のCDもボリュームたっぷりゲーム付きだったりして、そのゲームがもれなく下らなくて最高です。
それでもなんでも彼らの真骨頂はライブ。キン肉マンや北斗の拳のマニアックネタ披露したり、大阪のオバちゃんやヤクザのコスプレしてショートコントしたり、最終的にはフロント勢は結局パン一だったり。
きっと中学生辺りで脳のどっかの成長はピタッと止まってしまったんだろう♪
はてさてライブを初めて見たらまずは上記のような所に持ってかれるんだろう。「こいつらとんでもねぇな」と。
ところが本当にとんでもないのは演奏じゃないでしょうか?
13人もいるだけあって流石に分厚い音を叩きつけ非常にタイト音を鳴らしています。曲調によって種類はありますが上の代表曲なんか凄いファンキーなんすよね。
CDを聞いて「こんなんか」と高を括っているとライブで度肝抜かれます。ライブはCDの10倍増しですよ。CDの録音状況が悪いのか?
圧倒的に吐き出されるパワーパワーパワー!!もし見る機会があるなら無理にでも行ってください。無いなら無理にでも作ってください。それだけの価値はあるでしょう。

赤犬「ばかのハコ船」


今のBGM:The Kinks「You Really Got Me」
日本語RAPって
明日はボロフェスタ。やべ、なんかテンション上がらん。つうか行き方まだ調べてないし。今日のムッシュかまやつみたかったな~…
ま、赤犬の変態っぷりと髭、rei harakami見るど~!!

SDPことスチャダラパーだ!!
コーネリアスと小沢健二のフリッパーズギター、ピチカートファイブ、TOKYO No.1 SOUL SETらと共に渋谷系というムーブメントを作り上げた一員でもあります。
渋谷系の特徴としてみんな凄い洋楽リスナーってのがあります。いやそれまでの人達もそうなんでしょうが、良質の音楽のいい部分を抽出し取り込み、その「元ネタ」となるものまで世間に大きく認知させるのに成功したのは渋谷系の大きな功績でしょう(無論それも世間の一部分に過ぎないでしょうが)。
そしてHipHopのスチャですから当然サンプリングでクラシックHipHopの定番から誰でも知ってる曲までガンガン使っているわけです。
特にメジャー1stAlまではDJ SHINCOのセンスが光る。名曲をぶった切って繋ぐ繋ぐ!!いきなりゴダイゴの「モンキーマジック」飛び出すし(インディーではこの手法が主だったらしい)。
ライムの方は今より英語を交えた感じでやってます。内容は程々であんま凄いとは思いませんが、まだまだHipHopがアングラから抜け出してない頃に日本語ラップの基本を構築していってます。
ていうかやっぱトラック!!Bee Gees,Kool & The Gang,クレイジーキャッツ,果てはハイジ、サザエさんまで。バラエティーの豊富さでは随一!!
曲の一つが小泉今日子のコメントのみってのも何とも…んでこの頃のANIはメンバーとして何してんの??
さぁそんでやっぱりスチャ最大のヒットといえば「今夜はブギーバック」でしょう。小沢健二と組んだこの曲、やっぱ名曲ですが(DA YO NEと並ぶ世間でのHipHopの金字塔)これが収録されてる「スチャダラ外伝」(名盤!!)に収録されてるFreedomの「Get Up And Dance」を大胆にオマージュした「ゲットアップアンドダンス」がいいです。
ポンキッキーズのOPナンバーだったやつですよ。パ~っパラパッパパラ~ってやつ。これのロングバージョン。
この曲を渋谷系の仲間とやってますが、この曲を見事に日本風に出来てしまうのもスチャのセンスのなせる業か??
この頃にはじわじわ大ネタ使いっぷりもなりを潜めて、それと反比例してANIがBOSEと並んでMCとして前に出てきます。現在のスタイルですね。
ライムはもうすっかり純日本語ラップです。
最初期はまだ面白いトラックでも多少格好つけてる所もあったように感じましたが、すっかり馬鹿な曲はただひたすらに馬鹿で気持ちいいっす。
こう言うとなんか怒られそうですが、スチャの良さは肩の力を全然入れずに聞けるところですね。HipHopはどうも…って人に是非聞いて欲しい。
今主流のギャングスタラップとかは正直ヤバイだのスゲェだの分かったはもう!!って感じです。逆に初期のスチャとか聞いて勉強してこい!!とすら思う。日本語のRapとは何かを。英語カブレなら本場に勝てないって。日本語でする意味って??
少年雑誌コロコロ賛美歌「コロコロなるまま」に代表されるお馬鹿Rapのみでなく、ちゃんと歌詞を見ると痛烈に時代を風刺している曲も結構ある。なんだろね?アホっぽいけどちゃんと考えてる。ま、基本はアホなんかな?
最近はリリースの間隔も長く、それに伴いあまり聞いてないのでコメントはしませんが、スチャダラパーは今でも変わらずスチャダラパーである事だけは揺ぎ無いな~。
ベタかもしれんけど日本のBeastie Boys=スチャダラパ-だ!!
ダンスフロア~に、鮮やかなひ~かり~♪

スチャダラパー「スチャダラ大作戦」


今のBGM:The Arcade Fire「Wake Up」
日本最高の日本語使い
バイト先に新手のipod使いが増えてきて、それぞれプレイリストを考えるのを楽しんでいる今日この頃。そんでふと思い出した。「この人のプレイリスト作らな始まらん!!」
そんな感じでいつもの形式再開一発目と相成るわけです。

その人とは中村一義です。下のAlジャケットは失敗じゃなくて、黒っぽい物なんですよ。
曲をご存知なくても名前を聞いたことはある方も多いんではないでしょうか?癖のあるファルセットボイスに足踏みした人も多いでしょう。私は現段階で「日本の音楽」の最も優れた作り手の一人だと思っています。
生い立ちにも色々あって、引き篭もりのようになっていたようですがその辺は詳しくは省きましょう。知りたい方は情報をネットで探せばあまり苦もなく探せるでしょう。軽々しく捩れて文章にはしたくないのであしからず。
リリースしたAlは計5枚(4枚)。
宅録のお手本、ほぼ全ての楽器を自ら演奏した「金字塔」、独自の世界観を更に内に向け掘り下げた「太陽」、培ってきた物を消化し吐き出した圧倒的な完成度を誇る「ERA」、巡り会えた仲間と共に歩んでいく決意に満ちた「100s」、そして決意表明のようにバンド名義100sとして発表した「O'z」。
文章からも伝わるでしょうか?歩んできた道は己の内に問いかける方向から、外へ外へと放つものへと変化し続けてきました。それゆえでしょうか?彼のファンはよく内省的ともいえる初期ファン(1st,2nd)と、開放的な後期ファン(3rd~)に大きく二分されます。私はどちらかと言えば後期ファンです。
初期の彼は和製Beck等と称されていました。独特のメロディーに正に「詩」を乗せられた曲は己自信を吐き出すようです。しかしそれこそが中村一義を天才たらしめ「金字塔」を名盤たらしめた理由でしょう。
後期の彼は、悪くいえば「詩」はより「歌詞」になったかもしれません。メロディーもよりポップに。この時彼は「らしさ」を失ったのでしょうか?そうじゃないと思います。曲や歌詞からも(バンドスタイルという事実からも)滲み出る外(他人や環境)との接点を持ち、喜びに満ちた彼にとってそれは必然だったんじゃぁないでしょうか?
曲の持つ雰囲気は変わりましたが、中村一義らしさってのは全く持って揺ぎ無いと私は思っています。
私は決して歌詞に拘るタイプの人間ではありません。いい歌詞と感じた曲に感動をすることはありますけど、洋楽では特に歌声も音として捉えて、曲がメインです。そんなの損してると思う人もいるでしょう。歌詞の意味が分かれば倍魅力的だ、と。でも一概にそうとは言えないんです。洋楽でもしょうもない歌詞ってのは山ほどあって、そのせいで曲にも幻滅することだってあるんです。
邦楽になるとそんなのしょっちゅう。なまじ言葉が通じるだけに分かる安っぽい言葉に、安易に散りばめられた英語…うんざりだ!!どいつもこいつも曲は作れなくても「この曲は歌詞を書きました♪」正直反吐が出る。英語交じりの日本語の文章を書くってことを「歌詞」と取り違えてる連中には。歌詞だってメロディーと同じ、たったワンフレーズが心に響けば誰かの名曲になり得るんだ!!
勿論、詩集買うなんて柄じゃない。買っても埃を被るのがオチだろうし。でも中村一義の歌詞を詩集としてみるのは悪くない。最初は曲に惚れて買ったんですが、「中村一義の歌詞が凄い」みたいな文章を見たのをキッカケに歌詞カードを珍しく開いてみた。
結構衝撃だった。日本語って本当に美しい言葉なんじゃないだろうか?と思った。この人は言葉を大事にしてるんだろうな、と思った。
私が無知なだけできっと日本にはもっと凄い詩人がたくさんいるんだろう。でも私は少なくとも音楽界で中村一義以上の「日本語」を知らない。
最後に彼の作品中の好きな歌詞を挙げてみようと思います。

きらきらひかるものが溢れ出す場所、「心」。/「新世界」より
僕は僕として行く/「犬と猫」より
犯罪者であっても、スヤスヤ眠る、素晴らしき世界だね。クロだったものもシロに化かす、素晴らしき世界だね。忌まわしき世界だね。/「素晴らしき世界」より
ひとつ笑って、ひとつになって、君を少し、知れたようで。/「ひとつにだけ」より
だからね、死んでくより、そりゃ生まれる日の方がさ、少しは…いや、多いといいなぁ。/「あえてこそ」より
あぁ、全てが人並みに、うまく行きますように/「永遠なるもの」より

中村一義「ERA」


今のBGM:中村一義「君ノ声」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。