Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
自分にとってのロックスター
これが初blogとなります。拙い文章と内容でしょうが、暖かく見守って下さい。

さて第一回となるとやっぱりOasisですね。
歴史上には偉大なスターやバンドは確かにいますが、90年代に中高時代を生きてきた自分としては、やはりOasisこそがロックスターなんです。
94年にデビューしたリアム、ノエル=ギャラガー兄弟を中心としたバンドで、1stAlの一曲目には「Rock'N'Star」と冠する曲をもってきた傲慢極まりない奴ら。
リアルタイムで彼らを聞いたのは3rdAl「Be Here Now」から。
いわゆる駄作って言われてるヤツですよ。ノエルも言ってるし…
個人的には生まれて初めて自分で買ったAlで思い入れも深く、そもそもが全然悪くねぇよ!なんですが、好きな作品です。リアムも言ってるし…
そういった意味でも当時からずっと好きで今でも一番好きなのは感慨深いです。もう一生変わらんかも。
新作も好きです。先行Sg「Lyla」も最近のOasisらしい曲で純粋にイントロ聞くとテンションあがります。
色々なメンバーが曲を作る(作れるメンバーが入った)事で、また少しOasisも変化したように思います。
「Oasisは死んだ」、「2ndまでだった」という人もいますが、リアムがいてノエルがいる限りはOasisは生きてるっしょ。
昔のような曲が無くなろうが、リアムの声がへばろうがOasisは生きてる!!あんたが嫌いになっただけやろ!!…って言ってやりたい。

…まぁ今年のサマソニが、初Oasisなんですけどね…
へーイ、ラーイラー♪っと

Oasis「Definitely Maybe」
oasis19s.jpg

今のBGM:The Cooper Temple Clause 「Film Maker」


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。