Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クラッシクよりもお手軽に
余談ですが、このblogのタイトルはブリットポップ期の巨頭Blurの曲名から拝借しました。そうなるとアドレスにはもう一方の大物Oasisからってわけですが、1stの「live forever」をと思って登録したら…
最初の記事を書いてから気付きましたよ…「live foever」…
「r」抜けてるよ!!痛恨のタイプミス!!やっぱ馬鹿かも…

気を取り直して今回はThe Divine Comedyです。
ぶっちゃけメンバー知りません。名前も人数も。
uk出身のバンドですが、メロディーセンスは一級品だと思います。結構Al出してるみたいですが、私は「Casanova」と最新Al「Absent Friends」を持っています。
下のジャケットに写っているのがVo.だったと思います。(確かね…)
ジャケで見て取れるように大人~な感じです。曲は要所要所にセンスが光りながらも壮大に仕上がってます。最新Alでは特にオーケストラ的な音を多用していることも一役買っているのでしょう。
曲もさることながらVo.がダンディーでセクシーないい声してるんですよ。男の魅力全開ですね。ukのおば様はメロメロになってそうだ。
さて上記した2枚のAlですが、「Absent Friends」の方が荘厳でメロディーが洗練されているようで好みです。
クラッシクは堅苦しい、でも優雅な音楽をって時に最適ですね。どこかで「Come Home Billy Bird」って曲を視聴してみて下さい。
カームホームビリ~バ~♪

The Diveine Comedy「Absent Friends」
thediveincomedys.jpg

今のBGM:60 Foot Dolls「Stay」
スポンサーサイト
USPOPS
私は基本的に好きなバンドの事を知ろうとはしません。
前回書いたOasisは例外中の例外ってぐらいに。
良質な音楽さえ作っていれば文句なし!!メンバーが何人とか、名前、出身地から担当の楽器まで、こっちサイドから積極的に情報を収集しようという気がないんです。
ライブに行ってバンドの人数を知ることもしばしば…私が変なんでしょうか?

今回はFountain Of Wayneです。
個人的にはPOPS書かせりゃUS随一だと思ってます。クリスとアダムってのが中心メンバーでやってます。(ほら、適当)
現在Alを3枚出してますが、どれもいいです。やや1stが劣るかな?
2ndは「Utopia Parkway」「Red Dragon Tatoo」「Denise」と3曲目
まで鼻血ものの流れに「Troubled Times」まで付いてえらいことになってますが、3rdも「Mexican Wine」「Bright Future In Sales」「Stacy's Mom」と三連打!更には「Hey Julie」と失禁もの。
私はトータルの完成度では2ndですが、一曲の破壊力では3rdが勝っていて3rdが一番です。
総じてFOWのAlは1~3曲目にハズレはないです。持っていなければ、それぞれ3曲を試聴して好きなAlを探すのもいいと思います。
今度出る2枚組の4thも非常に楽しみなバンドです。
興味がある方は機会があれば是非ライブをオススメします。
ゆるーい雰囲気で、みんな手拍子しながら合唱して…凄い幸せな空気に浸れます。
ステイシーズマ~ム♪アア~アア~♪

Fountain Of Wayne「Welcome Interstate Managers」
fows.jpg

今のBGM:The Divine Comedy「Come Home Billy Bird」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。