Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ダンスでもいかが?
とりあえずサマソニのチケット買いました。おかげでCD買う金がない。見る予定のアーティストだけ買うように我慢するか…でもコンポ代は別口で取っておいてあったりします。

踊ろうFatboy Slimで!!少しダンス系で行ってみようかと思います。
Fatboy Slimってのはノーマン=クックその人のプロジェクト名(?)なわけですが、この腐ったロック耳でも楽しく体を動かしてくれる聞きやすいテクノを基調にした音になっています。いわゆる四つ打ちってやつですね。
テクノを中心にしながらもハウス、ヒップホップ、トランス等の要素も巧みに取り入れ自己流に混ぜ合わせています。
特筆すべきはその編集力とでも言いましょうか、様々な音を確実に消化した上で用いています。どんなジャンルの音もノーマン=クックの音として打ち鳴らされているのです。本人自体もそうなんでしょうか?曲からは多くのユーモアのセンスを感じずにはいられません。決して下世話ではなくちょっと捻りの効いたジョークのようなメロディー達。
現在は4枚のオリジナルAlを発表。こういうジャンルの人はいろんな形で作品を発表するので正確じゃあないかも。コンピベストのようなAlも発表してるし…
1stAlでは現在のFatboy Slim「らしさ」は控えめで、むしろ基本に忠実なテクノといった印象を受ける楽曲が並びます。しかし「Song For Lindy」、「Going Out Of My Head」、「Everybody Need A 303」 等、TVでも耳にする傑作も収録されるFatboy Slimの根源に触れる名盤。
そしてFatboy Slimを決定付ける超名版2ndAl「You've Come A Long Way Baby」!!!
問答無用の出来です。冒頭の車のCMでおなじみ「Right Here, Right Now」、更に続く「The Rockafeller Skank」、グラミー受賞の「Praise You」等、すっかり全開に開花した才能を惜しげなく注ぎ込んだ曲たちが飽きることなく所狭しと散りばめられています。
3rdAlではVo.曲がよりクローズアップされます。しかし個人的には全体としてちょっと?な出来。「Star 69」、「Sunset」がオススメです。
最新4thAlではヴァラエティーの豊かさが印象的で、おもちゃ箱をひっくり返したようなお祭り騒ぎで、戻ってきたなノーマン=クック♪って感じです。「Wonderful Night」、「The Joker」辺りオススメ。つうか全体がいい。
そんな素敵なオリジナル曲を届けてくれるFatboy Slimですがその真価は先に書いたとおり編集能力。他アーティストの楽曲でこそ最大の魅力が出ると思います。持論ですが「ノーマン=クックが絡めば駄曲なし!!」とさえ言い切れます。メジャーな例ならThe Beastie Boys「Body Movin'Re-Mix」、Blur「Crazy Beat」、Beautiful South「Perfect 10」とかでしょうか?
ノーマン=クックは言わば一流の料理人です。多様な食材を使い、極上の料理を作り上げていきます。塩加減、鍋の手つき一つにしてもそんじょそこらじゃぁありません。どんな食材だって一流に仕上げます。欠点といえば完成した料理(他人の作品)自体からノーマン=クック本人の姿がちらちら見えてくることでしょうか?それって凄いことなんですが♪
ライヒ!ライナウ!!ライヒ!!!ライナウ♪

Fatboy Slim「You've Come A Long Way Baby」
20050704015620s.jpg

今のBGM:Basement Jaxx「Do Your Thing」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。