Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Coldplay好きなら?
大学のゼミ合宿に白浜まで行って来ました。色々と準備は大変でしたが、海に行ったり、毎日飲んだりと普通にいい旅行として楽しめたな~。また行きたいもんだ。

さてさてThom.さんや。
さいごのドットにモーニング娘。を感じてしまう悲しい日本人の性。
現在ロック界で最も有名なトムさんといえばRadioheadのトム=ヨークですが、こちらはドイツ出身のトムさんです。
いや~、今回はほんとそれ以外知識ないな~(出身だけは調べました)。前にも書きましたがアーティスト情報に興味がないので。それでもblogのために最低限は調べるようになったんですがね。
それは置いといて、出身を知ってちょいとビックリ。ドイツってジャーマンメタルのイメージが強くて。でも考えたらヒットチャートの上位がメタル独占って国なんて今時ないわな。ドイツに謝罪。
んなわけでメタルとは程遠い音なわけで、UKロックな音なわけです。初めて聞いた時の印象としてはタイトルにもあるようにColdplayを連想させました。同じような世界観を持った曲はそれこそAlの曲をお互い入れ替えても分からないんじゃぁないか?とも思います。Coldplayよりはやや明るめかな?
だからってパクリとかで一括りにしてしまうには勿体無いぐらい完成度の高い曲が多いです(しょうもないモロパクリなバンドは数限りなくいるし)。
何度も引き合いにだしてしまいますがColdplayとの違いはThom.はソロであるため、バンドサウンドも一つの手法として用いていることでしょうか?様々な音作りをバンドに捕われずに作ることが出来るので曲に合った音を選べていると思います。その辺りが数多のPOPSとは一線を画す所です。
Al3曲目の「Principle Of Joy」はCMでも使われていたので耳にしたことのある方もいるのでは?ドラマティックに展開されていく構成は流石で耳に心地よい名曲。かと思えば10曲目の「This Is not Berlin」のようにしっとりとした曲でも充分に力量を発揮しています。
早く次のAlを出して欲しいものです。そこで似たような曲ではなく、同じ世界観を感じる異なる曲を届けてくれたときこそ彼が本物である証明となるでしょう。

Thom.「Istory」


今のBGM:The Go! Team「Bottle Rocket」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。