Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
雨でも曇りでも…叙情詩inUK
来週は100sのライブです。すげぇ楽しみ。ただ周りが女の子だらけでキャ~キャ~だったら辛いな~。
どんな客層なんだろうか?

久々にUKど真ん中Travisです。
UKを代表する一バンドです。下のジャケット写真を見てもらえば分かるように4人編成でVo.G.がフランという禿げかかった人物であることは知っています。
しかしこれ以上知る必要があるでしょうか?Travisほど「ウダウダ言わずに曲を聞け」というフレーズが似合うバンドもそうそういません。
大きくぶった切ると1stと2nd以降という図式に分かれます。
1st=晴れ、2nd以降=曇り時々雨とも言い換えられます。
デビュー当時は確かOasisのノエルが「気に入っている」と発言したのがキッカケで注目され、Oasisの全英ツアーの前座に大抜擢され一躍知名度を広めたと記憶しています。
1stAlは明るく元気な曲が印象的な新人バンドらしい1枚。
他のロックバンドに比べれば、G.の音も鳴り響かず、メロ勝負のしっかりした楽曲が並んでいます。(ノエルが好きそうだわ)
この時点ではいい曲のあるまだ平凡な感じの売れたバンドですが…ここで一化けします。
ついで出された傑作2ndAl「The Man Who」!!そうここで開眼されたのはTravisの真骨頂泣きメロ!!
エレキと共にアコギ(エレアコ?)を多様するようになり、牧歌的とも言えるようなメロ…「歌」を作るようになっていった。
一言で言うならばただひたすらに…綺麗な世界が展開されていきます。
3rd,4thAlでもその精神は貫かれ、どのAlにもいい「歌」が埋まっていますね。
不安を上げるなら、Al毎の変化をこれからつけていけるのか?という点ですが、今は置いていきましょう。
昨年ベストAlをリリースして5thAlが待望されています。
Al未収録だったSg「Coming Around」と新曲「Walking In The Sun」が収録されているので下にはBestAlを紹介しましたが、本当いい曲書くよな~。
正直歌詞カードを見るとそんな難しい事は書いてないようやけど、それが英語音痴な自分には丁度いい。分かりやすいラブソングとか。
夕立に打たれながら「Why Does It Rain On Me?」とか聞いたら泣いてしまいそうだ。
1stAlの特定の曲の浮きっぷりもおもしろいけど…
あんまりオススメ曲は書きません。選びきれないし先入観なしで選んで欲しいもんで。
このBestAlを通して聞いて気になる曲があるなら、是非その曲を収録したAlを聞いて欲しい。珠玉の19曲には収録されなかったあなたの名曲が眠っているはずだから。
もしあなたが外を見たときが夕暮れ時だったら、曇っていたら、雨が降っていたら、Travisを掛けてみてください。心に何かが広がりますよ。
ア~、ルカッチュナウ、フラワ~ズインザウィンドウ♪

Travis「Singles」


今のBGM:Thirteen Sences「Into The Fire」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。