Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
一発やさん??
行きたいライブは数あれど、チケット取れるか否かは別の話…
斉藤和義に友人と行く話が出るも売り切れてた。しっかり人気あるんだなぁ。
明日(今日?)はOasis一般発売…正念場だ…取れますように。

さてSomething Elseをご存知か?
悪名高き「電波少年」でオリコン10位(でしたっけ?)に入らないと即解散って企画で曲を作り、「ラストチャンス」で見事目標達成。今となっては一発屋さんという印象は拭えません。
実際その後にもちょこちょこ売れてるんですが、世間の印象はそんなもんでしょう。
「ラストチャンス」も程々に好きだったんですが、当時の私は売れ具合が微妙になってきた頃にラジオで流れるSomething Elseの曲が凄い気に入ってました(でもCDは買わない、借りない)。
「ラストチャンス」以降しばらく、企画で作った曲のSgでどれも内容が似通ったつまらん物でしたから。それでも曲作りのセンスは大したものでしたが…
ほんで今日現在、中古CD屋で300円で下のCDを購入。少し高いなと思いつつも、当時これに収録されている「あいのうた」が好きだったのを思い出し惰性で買いました。まぁ曲目見ても「なんか知ってる」のもあったし。
ほんで実際聞いて見たらこれがかなりいい!!
清々しい程ギターポップしてるね、歌謡曲してるね。アコギが基本で、3人のコーラスも実に手馴れていて耳に心地いい。
もう教科書どおりです。J-popの王道から一歩だって踏み外してない。
近年のチャートに蔓延るセンスもないのに捻くれた曲を作る音楽家さん達は見習いなさい。捻くれることが「カッコイイ」んじゃないですよ?
ふと歌詞カードを見ると作詞作曲は今井さんが担当してるらしい。この人凄いなぁ。しっかりとした曲書ける人だ。
例えて言えばゆず風コブクロって所かな?
「ギターマン」は冒頭を飾るに相応しい爽やかなポップナンバー。Sgとしても全然通用するな~。
続く「be there」は山崎春のパン祭りかなんかのCMで使われてたような…何故か全編洋歌詞だけど一番いい曲だと思う。まじで必聴!!だと思う。
「さよならじゃない」「あいのうた」なんかも普通にいいし、「いつか」も終盤に似合う寂しげなメロからサビでグワっと盛り上げる良曲。
この今井って人はいい曲の文法みたいなのをよく知ってると思う。驚くような展開は皆無だけど、安心して聞ける安定感。本塁打王より安打製造機。
他人に曲を提供する立場の方が合ってるんじゃないだろうか?
Al全曲がいいとも言わないし、このAlしか聴いてないからSomething Elseが凄いとも言えないけど、このバンドは「電波少年」のおかげで脚光を浴びたけど、「電波少年」のせいで永続的なファンの獲得に失敗したと思う。
つまり売れ方が安打製造機より本塁打王だったため、曲の質と逆だった事が失敗ではないかと思うわけです。
是非最近のAlも聴いてみたいなぁ。活動はしてるんかな?
まぁこのAlが良盤である事は保障します。中古で安値であるんで財布に余裕があったらオススメしますよ。中々のもんです。
にしてもこのblogにSomething Elseを書くとは思わなかったなぁ…
アイヒアアソング、フロマプレイス、ファラウェイ♪

Something Else「ギターマン」


今のBGM:The Libertines「I Get Along」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。