Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
The Coral ライブレポ
全然blog更新出来ず。朝から晩まで研究しっぱなしで卒論やって、バイトして、英語の教材、買ったCD聞いてライブ行って…生まれて初めて切実に時間が足りない…
あぁ自動車教習もあるなぁ…体が二つ欲しいなぁ…

それでも行ったライブレポは書こう。The Coral atなんばhatch。
大学で研究後に向かったので開演10分前ぐらいに着く予定が道を間違えて7時丁度に到着。どうやら地下からの道しか覚えてないらしい事を自覚した。
走ってhatchに入ってロッカーに荷物をぶち込みチューハイ片手に会場へ。まだ全然始まらず。
なんだかんだで20分押しでスタート。急がんでよかったわ。

メンバーはサポート合わせて7人編成。一人病気が何かで来日してないらしい。
初っ端は1stAlのリードトラック「Spanish Main」から!!挨拶代わりとばかりに超早で繰り出される。早くも怪しさ全開である。
中盤からのジャムが異常にカッコイイ「Goodbye」へと続く。中盤の10カウントがいかしますな。
この辺りで痛感しましたがこいつ等演奏上手い!!若さの割りに大したもんだ!!
充分CD並の音数だしパワーはCD以上に溢れまくってる。
生粋のカントリーバンドを思わせる「Pass It On」、3rdAlのリードトラック「She Sing The Mourning」、
1st「Simon Diamond」と続く。
トータルで見てもぶつ切りにしても全てのAlから満遍なく選曲されていたようだ。
一番印象的なのはやはり一番聞いている1stの曲だ。Sg曲って言うのもあるけど、サイケ色というか変態っぽさと勢いが最もある曲達っていうのが理由だろうか??
2ndで一番好きな「Don't Think You're The First」はメチャ良かった。歌いまくり!!
馬の蹄のような音がG.と知ってちょい感動。面白い音を出す。
かなり楽しみだった「In The Morning」はCDの方に軍配か。ちょっと大人しくまとまり過ぎた。
Al通り「Something Inside Of Me」へ。こっちはかなり良い出来。
本編最後は「Calenders And Clocks」。これは初めて聞いた。ミニAlの曲だろうか?
大したMCもないせいかあっという間に終わった。

程なくアンコールでメンバー登場。
一発目は待ってたぞ「Skeleton Key」!!今日一番の盛り上がり!!やっぱ凄い変態曲だ。
CDより明らかに粗いがエネルギーの塊のような演奏。「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がここまで似合うとは。
CDではもっとVo.が張ってた気がするけどライブではやや力負け。
どうやら新曲だかカバー曲らしい曲を挟んで「Shadows Fall」。中盤の転調部分がかなり気持ち良い。
最後は1st2ndを押しのけて3rdから「Arabian Sand」。CDではそこまで興味を引かなかった曲だが、ライブの締めでやるのも納得の出来!!
CDの1.2倍速で演奏され「Goodbye」よりも激しい終盤のジャムセッション。ストロボみたいなライトがバシバシたかれメッチャかっこ良かった。
あっという間で終わってみれば8時20分。…20分押しだから実質1時間。そら早いわ!!

さて今日も今日とてレスポンスが少ないぞ大阪!!ここ最近クワトロ以外でいい反応を見ない。
何故だろう?傍観者がかなり多い。楽しみ方は人それぞれとはいえ何だか寂しいなぁ。The Coralはもうちょい乗っていいバンドだと思うんだけど。曲終わりは拍手喝采なんだが。
なんか途中からVo.がいじけてたような?歌い方に力がなくなってた気がします。
基本的にメンバーは上機嫌ぽかったけど。
私の周りはやたらテンション高い人がいて面白かった。
でももう少し長めにしてほしかったなぁ。
それらを差っ引いても見ほれてしまうような凄いライブというかバンドでした。

01. Spanish Main
02. Goodbye
03. Pass It On
04. She Sings The Mourning
05. Simon Diamond
06. Bill McCai
07. The Operator
08. Don't Think You're The First
09. So Long Ago
10. A Warning To The Curious
11. Dreaming Of You
12. Far From The Crowd
13. In The Morning
14. Something Inside Of Me
15. Calenders And Clocks

Encore
16. Skeleton Key
17. Johnny, Remember Me
18. Shadows Fall
19. Arabian Sand

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。