Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大復活
更新が途絶えてました。ネットに接続出来ない状況だったもんで。しかしどうにか復活!!どうしても書きたい記事があったんですよね。

UKど真ん中Kula Shakerです。
Britpopの勢いも失速気味な中、新人不作の時代で一人気を吐いていたKula Shaker(翌年にはStereophonicsがデビューだったかな?)。
甘いマスクの容姿とは裏腹に怪しげなグルーヴを作り出すフロントマン、クリスピアン=ミルズを中心とする4人編成のバンドです。UKでは珍しくサウンドの厚みやグルーヴ感で勝負するタイプでした。
更には東洋思想への傾倒(主にインド音楽)や60'sRockへの愛情もが随所に垣間見られる音楽性は聞いた瞬間の即効性と、長く聞き続ける中毒性の両面に優れた性質を見事に両立させていたと言えるでしょう。

東洋思想への傾倒は下の1stAlのジャケットからも容易に連想できようというものです。
リードナンバーの「Hey Dude」のイントロから最高です。G.がギャワギャワ鳴り捲ってます。この辺はジミヘンの影響でしょうか。チベット僧あたりの読経の様なAメロからシャウトまで出てきます。
「Temple Of Everlasting Light」なんか最初のアコギの一小節から怪しさしか匂ってきません。
何語かも分からない「Govinda」「Tattva」は仏教用語かなんかでしょうか?葉っぱしながら聞いたら本当に飛んでしまいそうだ。
「magic Threatre」は今で言えばThe CoralのAlに入っていても遜色ないなぁ。というか「Skeleton Key」の間奏はこの曲のパクリじゃないか?
「Into The Deep」辺りは意外なほどの正統派だ。クリスの60's好きも納得といった感じ。
「Grateful When You're Dead」なんつう物騒なタイトルの曲もジミヘンの影響をモロに感じるG.が印象的なAl後半のクライマックス。初めて聞いたときには大層シビれたものです。
クリスの作曲能力、様々な影響を受けた音楽背景のバランス感覚の絶妙さが見事なデビューAlとしては凄まじく点数の高い力作です。

しかし、日本での知名度、クラブで遊ぶ人にとってのkula Shakerを定義づけたのは後にリリースされるオリジナルAl未収録の「Hush」でしょう。
かのDeep Purpleのデビュー曲のカバーです。これまでに様々なアーティストにカバーされ、近年発泡酒のCMでも使われたため曲自体をご存知な方も多いんではないでしょうか?
しかし断言してもいいですが、Kula Shakerのカバーは誰のカバーよりも解釈によっては原曲よりも優れていると言えるでしょう。
既成のイメージを大胆にぶち壊し、思いっきりグルーヴの効いたダンスチューンに再構築された本曲は何年も経った今日でも全く時代に対して色褪せずフロアで鳴り響いています。
またこのSgのカップリングの「Gokula」がいいんですがね♪

さぁ期待をしないわけにはいかない2ndAlの登場となるわけですが、結果から言えば一般的な評価は下がったといえるでしょう。私はそうとは思いませんが。
1stAlよりも壮大に広げた風呂敷を畳みきれなかったというのが世間の評価でしょうかね?
かくいう私はそんな2ndAl「Peasants, Pigs & Astronauts」の先行Sg「Mystical Machine Gun」をラジオで聞いてノックアウトされてしまったわけです。
前作よりもスケールアップした世界観をこれでもかとアピールした楽曲になっておりクリスの「Mystical Machine Gun!!」の叫びにやられてしまいました。
全体的に一曲一曲でやることが極端になった様相はあります。
「S.O.S.」などは1stAlの流れを組む楽曲ですが、「Radhe Radhe」「Timeworm」は完全に民俗音楽に部類する曲です。
演奏される楽器もジミヘンを思わせたG.が鳴りを潜め、コンガなどの打楽器が非常に増えてきました。これがファンのKula Shaker離れの要因として大きいかと思います。
しかし「108 Battles(Of the Mind)」や、何より「Shower your love」が収録されている時点で最高です。
「Shower Your Love」は個人的には最高傑作ですから。タイトルを見事に顕したLove&Peaceな曲だと思います。

なんにせよ更なる飛躍を期待させる2ndAlでしたが2年あまりの活動の後Kula Shakerは突如解散します。結構ショックでしたね。
クリスはThe Jeevasというストレートなアメリカンロックを前面に押し出したバンドを結成。事態は終わったかに見えた。
しかしこの度Kula Shaker再結成のニュースが(やや旬ではあちませんが)飛び込んできた!!
待ってたぞクリスピアン!!!一人オリジナルメンバーが揃わないのは残念だけど、期待は膨らむばかり。もう一度マジックを見せてくれ~

Kula Shaker「K」
20060216224847.jpg

今のBGM:El Pres!dente「Without You」
スポンサーサイト
M.I.Aライブレポ
記事を書くのが遅くなりましたがM.I.Aのライブ行って来ました。

M.I.A at 心斎橋クワトロです。
バイト仲間との初ライブへ。正直どれ程の客入りなのか…
あまり入ってない気もするし、サポートの日本人が豪華なんでそれ目当ての可能性も大だし。
AFRA&INCREDIBLE BEATBOX BAND、Shing02、DJ A-1ですからね。これだけでもチケット代を相殺してもおかしくないですわ。

会場に着いてみると、あらあら結構スカスカですねい。まぁこれはこれでヨカヨカなどと酒を飲んで開演待ち。結局15分押しぐらいでDJ A-1の登場。
と、周りはすっかりいっぱいです。意外なほどの客入り。少なくとも8割は埋まっていたんじゃないか?
DJ A-1は純粋にDJプレイを見せてくれた。こうやってDJを見るのは初めてやなぁ。
普段あまりHipHopを聞かないのでネタはほとんど分からなかった。分かったのはRUN DMC、The Chemical Brothers、Beastie Boysぐらいかな。
それでも繋ぎやスクラッチを目の当たりにしてチョイ興奮。ネタをもっと知ってればより楽しいんだろうなぁ。「これを繋いでくるか!!」みたいな。

DJ A-1のトラックにのって登場するはShing02!!
ある意味こっちが個人的メインアクトでもあります。結構昔から好きな人だっただけに楽しみでした。
出てくるや否や息する暇も与えないほどのライムを披露。それ以上に本人の優男ぶりにビックリしたわけですが。
必殺「400」が聞けたのに感動しつつ、緑黄色人種からもやって欲しかった。
流石に西海岸で馴らしただけあって全英語のライムもバッチリ決まってました。
にしてもホンマとんでもない量の言葉を吐き出しますな。Hip Hopの人らはこれが普通なんでしょうか??確かにロックとは違う言葉の重みというか質感です。流行るのも納得。

DJ A-1とShing02が引っ込んで出てくるはAFRA&INCREDIBLE BEATBOX BANDです。連れのメインアクトでした。
AFRAと相当凄腕らしい二人による三人編成のヒューマンビートボックス。これが本当に半端じゃなかった!!
この手の奴はTVとかで何度か見たことがあったんですがライブで見て、聴いてなんぼですわ。
口頭で伝える事に限界を感じますね。どういう喉と舌の使い方をしたらあんな音を出せるんだか。
圧巻はメンバーソロのフリースタイルでのAFRAです。明らかに二つの音を同時に出してるし…
更にはThe White Stripes「Seven Nation Army」も再現してたのは嬉しい誤算でした。

ここでDJ A-1とShing02が再登場。AFRA&INCREDIBLE BEATBOX BANDと一緒に一曲やってくれました。
なんか詩がちょい古い日本語を使ったものだったんですが、これがShing02で一番良かったかな??ひょっとすると今度出る新Alに収録されてるかも。

ここまでで8時45分ぐらい。既にお腹いっぱい気味だなぁと周囲を見渡すと明らかに外人率が増加してます。
時間も時間だし前座目当てが結構抜けるかと思ったらそんなこともなし。やっぱり本命はM.I.Aなんだと実感。

9時頃かな?M.I.Aことマヤ登場。DJと黒人のコーラスを連れての編成。それとスクリーンがありVJ付きらしい。CDでもおなじみの不敵なトラックにのってやってきたマヤは凄いカワイイ。ダンスはレゲエが入っててセクシー全開だし。
曲は「Pull Up The People」でスタート。客はいきなり大盛り上がり!!特に外人連中の盛り上がり方が半端じゃない。踊りまくってます。
とにかく全曲通じてCD以上にパワーが溢れています。「10 Doller」「Bucky Done Gun」「Galang」などかな~り踊れる仕様ですね。
客を煽るマヤに対するレスポンスも上々です。
民族音楽にレゲエやHip Hopをミックスさせた独自のスタイルを確立させた音楽は新人どころか音楽界でもかなりのオリジナリティーを発揮しています。
日本人には馴染みにくい音楽性だと思いますが、みんなのM.I.A好きな気持ちが満々に感じられるライブでした。

Encoreではサポートメンバーもステージ上、ステージ横で思い思いにライブを楽しみ会場に一体感を持たせる終焉でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。