Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
初の(?)歌姫紹介
今itunesをチェックしてみると収録曲が9999曲となっていた。う~ん、一万曲目は何になるんだろうか?明日買うCDのどれかだろうなぁ…

ブックオフでゲットだJoss Stoneです。
初の女性Vo.になるんでしょうか?多分他に書いてないよな~。結構クセのある男性Vo.が好きなんで女性Vo.はあんま聴かないんですよね。上手いとは思うんですが曲より声がメインのような気がして…
そんな中久々に興味をくすぐられたJoss Stone嬢は一昨年ぐらいに結構話題になってました。
デビューAlはいきなりオールドソウルのカバーAl「TheSoul Sessions」です。普段ソウルを聞かないので知らない曲ばかりですが、プロデューサーが意図的に有名曲は外したらしいです。
因みにこのAlがリリースされた当初、Jossは16才という幼さ…ながらとんでもない才能の片鱗を見せます。
なんと言うか完全に「自分の歌」を確立した歌を聞かせます。誰の真似で誰のように、ではありません。
この若さでこれだけの歌はちょっとただ事ではありません。
ソウルってのは円熟味が味と思ってたので、若さというのはある意味欠点にもなるものかと思ってましたが大きな勘違いでした。にわかですみません。
このAlでのJossはバッチリソウルを聴かせます。
昔懐かしというか王道というかライブセッションで録音された本作は60~70年代からタイムスリップしてきたようなグルーヴを聞かせてくれます。
そこら辺のR&BのAlなんかよりよっぽど音が生きてますね。
往年のソウル曲に混じってThe White Stripes「Fell In Love With A Girl」のカバーも混じっています(タイトルが「Fell In Love With A Boy」なのは皮肉??)。
オススメは「Super Duper Love」「Some Kind Of Wonderful」辺りかな。やっぱり歌い上げるのよりリズムで楽しめるのがいい。
Al通じて録音風景が目に浮かぶようです。モータウンとかこの辺りの時代のボンボン鳴るBa.とかDr.ってほんまにカッコイイと思う。

この作品から遅れる事、九ヶ月ほどで初のオリジナルAlこと2ndAl「Mind,Body & Soul」をリリースしましたが、こっちは試聴だけで買いませんでした。う~ん、なんだか凡庸に感じましたね。上手いですけど…
いっそのこと過去の曲達を復活させていくアーティストとして生きていくのもありだと思うんだけどなぁ。そこに自分の色を出していく実力はあると思うし。
ほんでライブセッションをバリバリ行っていってほしい。
最近ではSly & The Family Stoneのトリビュート盤にJohn Legendと参加していますが、こちらは一聴の価値ありの作品だと思います。
う~ん、詰まるところオリジナル曲に恵まれてないんだな~。誰か彼女に名曲を書いてくれ。歌のほうは保証つきだから。

Joss Stone「The Soul Sessions」


今のBGM:M.I.A「Galang」
スポンサーサイト
昨今のベストヤングソングライターって…
今日は映画を見るつもりが見損ねた。学生ではない身分では1日以外には映画は高いんだよなぁ…「プロデューサーズ」見てぁなぁ…

サマソニ来るぞThe Kooksです。
迂闊にもセキュアCDを掴んでしまった時点でレビューする気なかったのですが、せっかくなので書きます。
クリエイティブマンのHPなどで見る分にはArctic Monkeysの対抗馬的な立ち位置をとらされている模様。
お互い若いバンドでデビューも似た時期なので致し方ないという感じでしょうか?
1stSg「Eddie's Gun」の衝撃は凄かった。とんでもないエネルギーとカッコ良さ。若手有望株の筆頭に立とうというものだろう。
だからってNME誌が「昨今のベストヤングソングライター」とべた褒めするのはゲンナリものだった。
それこそ「昨今の音楽業界のとりあえずヨイショ主義」全開って感じが丸見えだ。曲を褒めるのはいいがソングライターの腕を問うには一曲は判断材料として少なくないか?
Arctic Monkeysよりよっぽどメディアに黙殺されるハイプへの末路を辿っている気がした。
「Eddie's Gun」はイントロの爆裂Dr.からスタート。小気味のよいG.のリズムに歌を絡めて行く。
若々しい疾走間とリズムの良さは絶妙。古めかしいロックを機軸にしながらも新しさを感じさせる音は、ある意味The Strokesにも通じるだろうか。一聴してあっさり名曲認定ものの優れものだ。

さぁAl発売と共にCD屋でゲットしたもののボートラに釣られて国内版買ったらセキュアCDだったためipodには入れれず…
脳内は「Eddie's Gun」でいっぱいでCD聴いたらガッツリ裏切られました。というより先入観を壊されました。
てっきりテンション先行気味の曲作りかと思ったら…意外なほどしっかり根を下ろした音楽をやりなさる。
初期のBob Dylanのような音楽性にジャズやファンクなどの要素も織り交ざっているように思います。
どの曲も軸にはアコギが置かれており、一撃必殺の威力よりも着実にダメージを与えていくタイプでしょうか。
適度な爽快感も相まって長く聴けそうなAlです。オススメは「Sofa Song」「Be Mine」辺りかな?
でもやっぱり「Eddie's Gun」が一番好きだなぁ。これからもう一つ同じぐらい爆発力のある曲が書ければ売れ行きも大分変わるだろう。
まずはサマソニでのお手並み拝見といきましょう。あんまり落ち着き過ぎず若者らしいライブだといいなぁ。

The Kooks「Inside In Inside Out」


今のBGM:El President「Rocket」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。