Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Count Down Japan06/07 その3
20070102025559.jpg


さぁ最終日です。最終日は帰りの電車が遅くなると見て車で向かいました。結果的には片道一時間ほどで着いたので大正解でした。費用はややかさみますが…

12/31
最終日は開演時間が遅いので13時頃に到着。いらん上着は車にポイ。

POLYSICS
相も変わらずテンション高めパフォーマンスを続けるポリ。なかなかのもんです。
定番リコーダーも見たので移動。

オレスカバンド
なんかとりあえず試しに行ってみる。女の子だけのスカバンド。演奏も悪くないしテンションも高いけど、拙いMCやパフォーマンスを見ると文化祭で張り切ってるみたいな空気感から抜け切れてない。
音は大きいけど、どこか細いのが気になった。まだまだこれからのバンドだろう。

ドネルケバブを食す。三日連続。

ZAZEN BOYS
ライブで見るのは初めて。プログレでもグランジでもない向井ワールド。向井さんこういう方向に行ったのか。歩み寄らないという姿勢はくるりの岸田と同じっぽいけど、向井さんはちゃんと表現したいことのベクトルが決まってる気がする。
誰かが「ファンでないとおもんない」ってぼやいてるのが聞こえた。
納得!!CDを聴いた上でライブに行った方が正当な評価が出来そうだ。

ホフディラン
復活のホフディラン。超期待して臨むもワタナベイビーの声が悪いのかマイクが悪いのか、全然聞こえない。正直残念。懐かしい曲達は普通に良かったのに…
「遠距離恋愛はつづく」、「恋はいつも幻のように」、「欲望」など懐かしさ沸騰の曲に「僕らのタイガース」なども交えてなかなかのライブ。マイクさえ…
最後は「スマイル」で締め!!

シュノーケル
アジカン以降のバンドってやつでしょう。
今回はサポートメンバーにキーボードも入れて4人編成です。前回見たときより全然良くなっててビックリ。
ツボを押さえた曲展開と抑揚のあるサビを叫ぶVo.など悪い点は特に見当たらず、図らずも最後までじっくりライブを見てしまった。
最後は「波風サテライト」で締め!!

DJブース(Guest:ハヤシ POLYSICS)
休憩したかったけどこれは見逃せないとDJブースへ。かなりの人だかり。
毎度のエアギター、エアドラムなど音ハメパフォーマンス爆発!!「X」、「ロマンティックが止まらない」などお決まりの曲でテンションMAX!!今回も笑わせてもらった♪
昨年のOTODAMAの方が客の年齢層が高くてハヤシのネタがストライクで盛り上がってたのは致し方ないでしょう。
見たことない方は是非!!一見の価値あり。

今度こそ休憩を取る。疲れた~。

Base Ball Bear
一曲しか知らないけど見てみる。なんかメロが変な気がする。楽器の音とVo.が不協和音みたいでなんか不快だった。
Vo.のテンションの高さもちょいと違和感があった。落ち着け。
序盤で「スタンドバイミー」を聞けたので良し。移動。

曽我部恵一バンド
昨日のDJに失望してしまったので見る気があんましなかったけど見た。大正解!!
曲はちゃんと知らないけどメチャよかった!!!確実に聞いている人に何かを伝えられる人やな。日本のロックです。
「胸いっぱい」や「テレフォンラブ」など大分いい気持ちにさせてくれた。これを最後に持って来いよ!!とすら思ったほど。
会場中がハッピーな気分に包まれた。ありがとう曽我部恵一。

bonobos
ほんまにチラ見。思ったより面白そうなバンド。色んな音楽的バックボーンがうかがい知れた。移動。

エレファントカシマシ
初っ端から「今宵の月のように」そして「悲しみの果て」。キャリアの長さは伊達じゃない。演奏の確かさと分厚さ、宮本のVo.の熱さはかなりのもの。
男臭さも気持ちいい。全部見たかったけど移動。

DJブース(Guest:Handsomeboy Technique)
さぁやってきたよハンサムさん。プレイでみるみるフロアから人が居なくなったけど気にしないよハンサムさん。
何故なら残ったのは無類のクラブ好きだろうから。
持ち曲、定番曲を巧みに繋いでいき、要所要所で大ネタを使ってくるプレイで一時間半マジ踊らされました。
The Frallies「Henrietta」で最初の昇天。まさかCDJに来てこの曲で踊れるとは…ちょいと疲れて飯買いに行ったらThe Go Team「Bottle Rocket」が流れて速攻フロアにUターン。
最後はThe Pipettesで締め!!やっぱり昇天。
予定外に踊ったので東京事変は見逃した。

GO!GO!7188
これも復活バンド。凄い集客。
メンバー登場で大歓声。ほんでSg連発!!かと思いきや「C7」、「おとなのくすり」など3曲ほどを除いてマイナーな選曲。いつもこんなもんなのか??
あとG.Vo.の子ってなんともつまらなさそうにライブをやる。MCもないし素っ気無いし。いつもこんなもんのか??こんだけつまらなさそうにやる人ははじめて見た。ちょっと期待はずれ。

最後の飯。これで終わりとばかりにから揚げ、肉まん、ロコモコカレーとがっつく。…食いすぎ…ちょっと気分悪くなる。

GRAPEVINE
良かったね~。非常に迫力ある安定した演奏と確かな楽曲。会心の出来ちゃうかな??
「スロウ」、「光について」はやっぱいいし、知らない曲も充分に魅力伝わるライブ。
Vo.田中の普段と歌の声質の違いはナンなんだろうか??
でも持ち時間もう少しあったと思うんだが早めに終ったのが心残り。

東京スカパラダイスオーケストラ
いよいよカウントダウン間近。メンバー登場と共に会場中のそこら中が踊りだす気満々の空気。
鳴り出す「ゴッドファーザー愛のテーマ」のスカカバー。会場中早くも沸点突破!!踊るわ踊るわ♪盛り上がりまくり。
更にテンションの上がり続ける会場。ハンサムさんで既に足に来ている俺には少々キツイ…カウントダウンはあっちだな。移動。

レミオロメン
大阪限定アーティスト。最後はまったりと年を越すとしよう。
出てくるメンバー、いきなり「粉雪」。こな~~ゆき~~~!!!意外だったわ。
「サイン」「モラトリアム」とたて続け、確か「南風」が終ると間もなく年明け。雑談を含めつつカウントダウン開始!!
年明けと共に「明日に架かる橋」(だっけ??)が始まるとThe Flaming Lipsよろしくの風船投下。バカデカイ風船が8個ほど出てきて、それが割れると無数の小さな風船が散乱。なかなかキレイな趣向だ。
更にSgを立て続けに連発して「3月9日」「アカシア」以外の聞きたいのは全部やってくれたと思う。
本編終了後アンコールにて「太陽の下」(だっけ??)で終了。
単独に行くかは別としてレミオロメン好きだなっと実感したライブ。

終了時12:30過ぎ。
年も明けた。未だ会場で、DJブースで興奮冷めやらぬ若者達を尻目に帰路に着く。
スポンサーサイト
Count Down Japan06/07 その2
20070102014924.jpg


はい2日目。驚くのは前日の改善点が早くも反映されていること。
女性用トイレの増設。乱雑長蛇の飯屋の列に対しテープで整列方向を決めるetc...
ただDJブースは人がメチャ増えて、ダンスフロアっつうかライブ会場化、DJの煽り方も拍手ばっかでちょいウザイ。あと二日目以降曲が被りすぎでしたな。ではいってみよう。

12/30
また12時過ぎにゆっくり到着。

The Back Horn
既に始まってた。レベル高いね!!
演奏力、曲の力、Vo.の魅力など全てが高レベル。トップバッターには勿体無いね。
「未来」はやっぱ名曲。スローテンポながらも力強さは抜群。このバンドの能力が100%発揮された名曲だ。
結構昔のビジュアルチックなギターリフが多いのは少し失笑。でもCD借りよう。

DJブースで「マウンテンアゴーゴー2」を聴く。キャプテンストライダムを見に行こう。

キャプテンストライダム
こんなバンド人数多いと思ってなかった。結構面白い曲やるなぁ。
若干Vo.がエレカシと被りますわな。
早々に「マウンテンアゴーゴー2」が聴けたので満足。山のように見える~♪

ULTRA BRAiN
ライブが変と聴いた事があるので見に行ってみる。…変だった。
DJ OZMA風のG. に忍者と海パン一丁オトコ、猿の着ぐるみに変な画家。そしてドン引きの客達。
空気に耐え切れず脱出。

メシ。ドネルケバブ購入。旨い!!DJブースで踊る。人多すぎだって…

BENNIE K
時間潰しがてらに見ようかと思ったら…普通に凄いやんか!!
なんせ完成されてますワナ。トラックは鳴らされてるだけやけど二人のVo.に力がある。パフォーマンスは一流。
ラップじゃない方メチャカワイイ♪
「Oasis」、「Satisfaction」を聞いた時点でタイムアップ。移動です。

フジファブリック
BENNIE Kに後ろ髪引かれつつ開始直前に到着。
結果は見て正解!!こういうダンスビートを基本にしたロックはやっぱ好きだわ~♪
メチャクチャカッコイイね。ライブは微妙って何かで見たことあるけど全然CDより良かった。力強さもあるし、音が強烈!!
新作のSgの宣伝をしつつ、やるのはそのカップリングという茶目っ気もあり。シュールだ。
最後の「虹」、「TAIFU」、「銀河」の3連発にノックアウト。いいわ~。最高!!

KREVA
チラ見。Sgやってた。でもあのKickのDJが作ってるであろうスカスカのトラックはやっぱ嫌い。隙間だらけだし。
盛り上げ上手でした。「イッサイガッサイ」聴きたかったけど移動。

Beat Crusaders
凄い客の数。盛り上げ方は流石の一言。序盤に「Hit In The USA」も聴けて満足。
でもどうもどの曲もイマイチ。悪くはないんだけど、魅力が一つ足りない。「Be My Life」とかいいのもあるんだけど、どれもどっかにありそうな感じ。残念、移動。

マキシマムザホルモン
まさかこんなに世に受け入れられるとは思わなかったホルモン。サマソニで見れなかった分も楽しみ。
メンバー登場から凄い会場のボルテージ!!結構後ろなのにモッシュ起きるかと思った。
デス声ハードコアとポップでキャッチーなメロの破滅的な同居が最大の魅力。
全員Vo.と演奏陣の冴え渡るテクニック。特にB.はレッチリのフリーを敬愛していると言うだけあって人間業ではないチョッパーの嵐。いかつ過ぎます。
あと、G.ga歌っている時の顔は子供が泣くのでスクリーンに写さないように。
「こってり締めの儀式」などMCも面白いし盛り上がりもバッチリ!!最後は「恋のメガラバ」でキッチリ締め!!本日のMVP!!
三度の飯より飯が好き~~~!!!!

DJブース(Guest:曽我部恵一)
ちょっと楽しみにしていたので見てみる。曲を繋ぎたいのは分かるけどグダグダ…繋ごうとしない方良かったのでは??早々に退場。

ザ クロマニヨンズ
帰ってきたぞヒロトとマーシー!!あの二人がバンドをすることに意味がある!!
もうメチャ贔屓目入ってます。曲がメチャいいとは思わなかった。もう少し練ってから曲にした方がいいんじゃないの??とも思った。
でもそれ以上にやられた!!ヒロトがそこに居てマーシーのG.に乗ってロックしているんだから。
全曲ノリノリで「タリホー」は歌いまくったけどもね。
持ち曲全部やって行きました。バイバ~イ♪

くるり
岸田繁ソロも含めると2006年4回目のくるり。2005年まで見たことなかったのに…行くフェス行くフェスいるんだもんなぁ…
さて感想としては今までで一番ダメだった…客に歩み寄る気全くなし。選曲が微妙すぎて正直どやねん!!単独でやりなさいよって曲が多すぎた。
「ロックンロール」と「ワンダーフォーゲル」でどうにか帳尻合わせ。あんま盛り上がってなかったよなぁ。

良いアクトが多いながらも最後のくるりで凹みつつ最終日へ続く
Count Down Japan06/07 その1
20070102000724.jpg


あけましておめでとうございますということで、年末はCount Down Japanで年越ししたのでライブレポ。

初日12/29
のんびり12時丁度ぐらいに到着。リストバンド交換もさほど混んでおらずサクサク交換だ。グッズ売り場もさほどの混雑も見られない、飯屋も多いと良い予感を感じつつライブ会場に向かう。

PUFFY
既に始まってた。過去数度に渡り見る機会はあったけどスルーしてたので見てみた。
ライブ映えするPUFFY。昔の曲は勿論盛り上がるんだけど、米でブレイクした後の楽曲が普通によい。カッコイイ感じの曲が揃ってるし、よく出来てるな。出来れば「サンライズ」を聴きたかった。
最後はお決まりアジアの純真で締め!!満足。それにしても大貫亜美はカワイイな♪

休憩。グッズ物色。オフィシャルTシャツと缶バッジ購入。

DJブース(Guest:100s 小野)
グッズを買ってうろついてるとDJブース発見。出演アーティストを中心とした選曲でDJがずっと回してるらしい。
人も少なく結構心地良い空間なので少し踊ってると100sの小野さんがゲストDJで回す時間がきたらしい。
初めは渋めなUK中心の選曲が良い感じ。ただしこのフェスのメインリスナーには反応微妙。
と思っているといきなり「ハレハレ愉快」をスピン!!キターー!!この人バカだーー!!!(知らない人はyoutubeで調べてみてね)
更に21エモンのEDテーマ(OP?)までスピン。「べ~と~べんに恋し~て~♪」が何故かフロアに鳴り響く。
周りの冷め具合はさておき心では拍手を送りその場を去る。

Soil&"Pimp"Sessions
オッサン達が激しくファンクなジャムをかき鳴らす。テンションはいいけど、ちょっと音が散らかりすぎ。一曲でさよなら。

YO-KING
ソロ初見。無難にいいね~。でもそれ以上には惹かれなかった。「審美眼」はなかなか良曲。

腹減る。ドネルケバブを購入。非常においしい。満足だ。

Mo'some Tonebender
前から見たかったので拝見。スンゴイパワーのあるバンドやな。G.Vo.のインパクトは強烈。メロ重視の曲も作れそうだけど、んなこと関係なしと言わんばかりのロック全開。圧倒される。最後の曲良かったな~。
B.のマイクの調整が悪すぎて何も聞こえない。

DJブース(Guest:RAM RIDER)
時間はないけど立ち寄る。半分ライブでやってくれるのを期待してたけど、DJモードで大味なダンストラックを繋げてフロアをバリバリダンス仕様にしてくれた。
結果的にはこの方が良かった♪短い時間だけど躍らせてもらった。

100s
小野さん、先ほどはどうも。久々100s。
「キャノンボール」からスタート。「A」、「セブンスター」、「1,2,3」などを挟みつつ新曲を3曲披露。
最後にやった新曲は中村一義らしい佳曲の予感。新Alを期待しておこう。
「新世界」やって欲しかったな。

木村カエラ
女の子の声援が凄いね。正直カワイイと思わないのでそういう関心はなく…
Sg連発!!「Three Climbers」(だっけ??)はほんまカッコイイな。英語ぺラを上手く生かしてるし。
「Magic Music」とか「Circle」、新曲も披露。最後は「hapiness!!!」で締め。良い曲揃ってるね!フェス向きだね!!

電気グルーヴ
さぁ、待ってました!!日本の誇る中年コンビ!!
初めに卓球をサポートメンバー(?)が登場。爆音でリズムを刻みだすと富士山の着ぐるみを着た瀧が登場。当然「富士山」で幕開け!!
「デカイぞ、デカイぞ、ふっじっさ~~ん!!」の大合唱♪超楽しいな。
更に「シャングリラ」へと続く。狂喜乱舞です。既に踊り倒してます。更なる大合唱♪
「かっこいいジャンパー」で卓球も絶叫ですわ。
更にダンサーを呼び込んでの瀧のダンスタイム。これがちゃんとしてるのにびっくり。
「あすなろサンシャイン」などを挟んで最後は「虹」!!!サイコ~だぜよ!!!本日のMVP決定。
すっかり踊りまくりました。

Doping Panda
こんなに人気あるとは。正直ビックリ。
若干ナルっぽい発言が見え隠れする、自称「ロックスター」なるG.Vo.さんはカッコイイやら痛いやら…
でもG.がメチャ上手い!!しかもそれを100%還元する曲を書く力もある。そんなバンドのライブが悪いわけがない。
「Blind Falcon」、「Mr.Superman」などの好きな曲もやってくれたけど、やっぱ「The Fire」が一番いいな。
ややハイトーンなVo.の声も鼻に付くわけでなく気持ち良い。そして何気にB.がかなり上手いのも大きい。Dr.は良く分からんかった。
かなり質の高いライブでした。

斉藤和義
ドーパンの本編終了後、アンコールを待たずに斉藤和義の終盤に滑り込み。
丁度「歩いて帰ろう」の最初から。これが音が良い!!PA最高!!
どの楽器もVo.もはっきりとインパクトのある音。流石のキャリアと曲で本編終了。
アンコールはギターとハーモニカのみで弾き語り「アゲハ」。マジ酔いしれますね。普段どういう風にやってるかは知りませんが、これを越える「アゲハ」はないと断言できるほど。2曲だけやけど満喫じゃ~~!!

以上30日に続く…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。