Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2005年ランキング
あと一週間足らずで2005年も終了。ということで私的ランキングを幾つか作ってみました。

因みにAlランキングは購入済みの作品が対象なんで、音源のみ持ち合わせてるものは含めてません。

みなさんの評価と比べて頂けると幸いです。


05年Album Ranking

1位 100s「Oz」
なんやかんやで洋楽勢を押さえて1位になりました。中村一義はやっぱりよかった。完成度も高く「1stにしてベスト!」もあながち嘘じゃない。
100s.jpg


2位 Spacecowboy「Big City Nights」
やってくれたSpacecowboy!!大ネタを繰り出しながらもロックリスナーを大いに踊らせるアッパーチューン満載で最高です。
spacecowboy.jpg

 
3位 Oasis「Don't Believe The Truth」
ノエルVo.楽曲の不調は大ショックですが、それでも良い曲はそこかしこに。リアムの作曲が非常に良い。まだまだOasis大好き。
oasis20.jpg

 
4位 Hot Hot Heat「Elevator」
いきなりサクッとリリースされた今作は大POP作品!!それもHHH風味でなんとも魅力的。特に前半の勢いは秀逸。
20051111022557.jpg


5位 Feeder「Pushing The Senses」
出せば出すほど深みを増すFeederワールド。喜びも怒りも悲しみも楽しみも全てを内包して。
Feeder.jpg
 

6位 Junior Senior「Hey Hey My My Yo Yo」
前作よりBPMを落とし「歌物」としての輝きを増した作品。後半のモータウンなサウンドは気持ちよすぎます。
20051224233230.jpg


7位 New Order「Waiting For The Sirens' Call」
徐々に変化し、また新しいNew Order。外へ外へと向かうような今作。POPであってもどこまでもNew Orderです。
20051221025426.jpg

 
8位 くるり「NIKKI」
打ち込みが極端に減りバンドサウンドに立ち返った作品。地味に感じたSg達もAlの流れで生き生きします。良質POP。
20051224233341.jpg

 
9位 Doves「Some Cities」
前作よりも開放的に。でもキラキラと。一曲ごとにしっかり立っています。アッパーチューンが何ともたまりません。
Doves2.jpg

 
10位 Ok Go「Oh No」
前作に力強さと荒々しさをプラス。それでも曲をよくまとめてます。よくぞ帰ってきた!!
20051224233754.jpg

 

05年Live Ranking

1位 Oasisat Summersonic05大阪
やっぱり初Oasisは忘れられない。大観衆による名曲の大合唱!!環境の劣悪さを差っ引いても、だからこそか、素晴らしいライブだった。

2位 赤犬at ボロフェスタ
今年初めて見た人も相当数でしょうが私もその口。ただの馬鹿みたいだけど、安定したバンドアンサンブルと到る所からのオマージュだらけのアホ曲、パフォーマンスが最高でした。

3位 Junior Seniorat なんばhatch
前座込みのお得感もさることながら、楽しさ満開のライブ。みんなが終始笑顔で合唱。踊りに踊れるライブでした。

4位 Feederat 心斎橋クワトロ
狭いハコながら一体感とレスポンスは最高!!新旧あらゆる楽曲でバンドに応える観衆。更に応えるバンド。完全燃焼です。

5位 Arcade Fireat Summersonic05大阪
これも大概アホでした。入れ替わり立ち代り楽器を演奏するメンバー。でもどの曲もグイグイ盛り上がっていく感覚。新人賞は間違いなく彼ら。


05年Single Ranking

1位 Embrace「Ashes」
アマゾンでSg発売日を見たら今年だったんで。希代の名曲!!か~!!ライブで歌いたい!!復活には申し分の無い狼煙です。

2位 Razorlight「Somewhere Else」
大きな成長を見せ付けた一曲。これだけ壮大な曲を書けるようになるとは思いませんでした。成長と勢いの同居した今しか作れないような曲。

3位 Gorillaz「Feel Good.inc」
やはりデーモンは凄かった。HipHopをちゃんと自己流に消化して音に還元。やりたいようにやったらいい曲なんだから凄い。

4位 Junior Senior「I Like Music(W,O,S,B)」
全身で音楽に対する愛と喜びを表現したような曲。彼らの新たな側面を見事に顕してます。

5位 The Subways「Oh Yeah」
若さゆえに成しえる勢い。ただただ盛り上がりまくる為に叫べOh Yeah

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
色々盛り込んでますね!
しかしエンブレイスしかわからない。゚(゚´Д`゚)゚。
でもあのアルバムは最高でした!2004年ですけど・・・。
2005/12/27(火) 18:05:59 | URL | みそ #-[ 編集]
ですよね
EmrbaceのAlもね、今年ならば入ってくるんですけど。
「Ashes」のSgカットが多分今年ってことでちょいと反則のランクインです。
機会があったら色々聞いてみてください。
2005/12/28(水) 16:22:53 | URL | 牛馬鹿丸 #-[ 編集]
反応遅れました
バランスがいい感じのランキングですね。
僕は新人に偏ってしまったので。。

100sは、この記事を拝見して思い出しました(笑)
2006/01/02(月) 02:20:09 | URL | uso #-[ 編集]
>usoさん
どうも、卒研が忙しくて全く更新してない最近です。
The Strokesの新譜も良い感じだし、06年もいいCD豊富な年だといいです♪
2006/01/07(土) 15:16:08 | URL | 牛馬鹿丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。