Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
くるりライブレポ
さて、2005年最後のライブでございます。

行ってきましたくるりat 大阪城ホール。
開演30分前に会場到着。連れとグッズ物色。ステッカーとバッジのセット、ハンドタオル購入。
会場入りして席を見ると会場真ん中ぐらいの列で一番右側!!
Oasisでは最後列のど真ん中。端っこに吸い込まれてます。
指定席だとロッカー要らずなのは助かるんだけども、どうせ盛り上がりに欠けるだろうと思いつつ開演待ち。
連れがパンを食ってたら警備員に注意されてました。

そんなこんなで10分押しぐらいでメンバー登場。メンバー3人と外人Dr.とKe.の5人編成。
「お祭りわっしょい」でスタート。CD通りの声でやってました。アウトロではガンガンジャムりまくってます。中々それがカッコイイ。
どうにもDr.が浮いてるような感じがする。頼りないような…大丈夫か?
「Superstar」はCDより大分ロック寄りな仕上がり。クラシックロックっぽいな~。
「Ring Ring Ring!」でもアウトロジャムりまくり。こういうロックサイドな曲ではメンバー非常に楽しそう♪色んな音楽に興味を持ち出したロック少年のようで微笑ましい。
でも岸田のG.は下手だ。一人になるとリズムとかが急に頼りなくなる。誰が特に上手いってバンドではなかった。別にそれを見に行く気はなかったわけだけど。
「ばらの花」はCDの方が良かったです。楽しみだっただけに残念。なんか雑だったな~。
「Baby I Love You」も凄く良かったけどコーラスが3人分聞こえた。G.(岸田)B.とDr.が歌ってたんだろうか?肉眼では確認できず。他の曲では二人だった気がしたんですが…謎です。
「ARMY」もメンバーが「悦」に入る部類の曲。インプロしまくってるし。プログレバンドみたいだ。
しかし冗長にはちっとも感じなかった。というかむしろ聞きほれた。バンドアンサンブルが心地よい。「歌物」を聞きに来たお客さんはポカーンとする人多数みたいだったけど。
意外なまでに「聞かせてくれる」構成に感心。途中でエフェクトを聞かせたマイクで「World's End Supernova」の歌詞を織り交ぜアレンジ。「てことは今日のライブではやらんのか!!」とガックリ。
なんか「Tonight Is The Night」のイントロで「東京」と勘違いして空回りしてみたりした。恥ずかしい。
「虹色の天使」が普通にいいな~。などと思っているといつの間にかDr.がしっくり来た気がするのに気付く。調子出てきたんではないでしょうか。
「ロックンロール」は初めて聞いたとき名前負けな印象でしたが、ライブではなかなかどうしてロックンロールする激しいアレンジで良かった。
最新Alのリードトラック「Bus To Finsbury」はライブでも一曲目のほうがよかったんじゃないだろうか?なんか構成上浮いてないか?出来は良かったのに。
そして「水中モーター」へ。あら?これってこんな良い曲だったけ??ていうかメチャカッコイイんですけど!!本編最高の出来!!デコーダーボイスもB.との掛け合いも心地良い。
この曲なめてた~~~!!!
と思ってたらお次は「ワンダーフォーゲル」!!!やられた~!!
毎度おなじみなのか今回のAl仕様なのか、打ち込み音はなしのバンドサウンド。でもそれはそれで新鮮味もあって面白い。というかやっぱ名曲。
「Morning Paper」は間奏のギターがいいね。クラシック風味が堪りませんな~。この辺も最近のバンドサウンド回帰の匂いがプンプンします。
なんかこの曲の跡にメンバー紹介してた。遅すぎたろ!!
「~Workshop」でまったりと本編は終了。本編だけでも充分に堪能出来た。
だもんで座って連れと談笑。アンコール要請は周囲に任せるだらけっぷり。これってどうなんだろうか?

さてさて無事にアンコール登場。
初っ端は「BIRTHDAY」です。ほわ~、いい曲だわ。何気にくるりの中で相当好き。
アコギを効果的に使えてると思います。間奏の「溜め」もいい。女性のコーラス部分が無かったのは少し残念だけど気になるほどではなかったし。
続いては「青い空」って懐かし!!この荒々しさはたまらん!!
この曲って結構キーが高いのに地声で歌いきったのにビックリ!!思いっきり声を張っててCDより2割増しでカッコイイぞ!!思いっきりロックしてるし。
アウトロのチャイナなリフも大好きです。ここまでで最高のアクト。
と思ってたら更に懐かしい「虹」です。
ついさっき「青い空」にやられたのに連続ノックアウト。
単純なタイトルに負けずドラマティックな構成がメチャいいです。
シンプルだけどどこか斜めな初期くるりの良さを再認識。ある種最高傑作の一つだろうと思う。長いキャリアの中で演奏され続け、磨かれ続けてどんどん輝いているように思う。本日の本当に最高のアクト。
「今までライブでやったことのない曲」「1月のツアー用だったけど今年最後にフライング」とのMCで始まった「さよなら春の日」
なんかのB面曲かな?まったりとアンコールも終了。お腹いっぱいの満足ライブでした。

さて、くるりってスタジオバンドだとばかり思ってましたが、いやいやライブバンドなんですね。
風貌などからついつい並んで語られるアジカンのライブがどうにも貧弱なライブ(サマソニ)だっただけに勝手に想像していて申し訳なかった。
なんというかどっしりと根を下ろした音を鳴らしているのには驚いた。キャリアの差か。
一曲毎に結構豊富なアイディアが入っていて楽しい。CDではそれがネックな気がしていたんですが、ライブでは逆にそれが生きていました。
またアジカン(好きなんですよ?)との比較になりますが、一曲が立っているのはアジカンですが、ライブで曲が生きているのはくるりの方が2,3枚上手でしょうか?
どの曲でもライブではアレンジが大なり小なり聞いていて、どれも魅力を損なうような働きはしていなかったように思います。
ネット上ではなんだかんだと叩かれがちなくるりですが、そう馬鹿にするものじゃないです。てかいいですから。
先にも少々書きましたがライブを見ているとロックが大好きって感じが凄く伝わってきて、確かにそれが人によっては嫌な風に伝わる事もあるのでしょうが私には好印象でした。
既に1月のツアーはチケットを取れないですが是非小さい会場でもう一度見たいと思いました。久々に再びすぐに見たいと思わされたな~。
あ、やはり観客は大人しく決して会場が盛り上がりまくってるという雰囲気ではなかったですが、バンドのライブパフォーマンスは良かったし、聞き入る事で持ってかれるライブでした。

01.お祭りわっしょい
02.Superstar
03.Ring Ring Ring!
04.ハイウェイ
05.ばらの花
06.The Veranda
07.Baby I Love You
08.ARMY
09.Tonight Is The Night
10.ハローグッバイ
11.虹色の天使
12.ロックンロール
13.Bus To Finsbury
14.水中モーター
15.ワンダーフォーゲル
16.Morning Paper
17.(It's Only) R'n R Workshop!

Encore
18.BIRTHDAY
19.青い空
20.虹
21.さよなら春の日
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。