Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
UK伝統の猿
The White Stripesの振り替え公演が決定!!3月9日にZepp Osakaです。卒業前で助かった。ツアー最終日に変更されたのもある意味嬉しい誤算かも。期待してるぞジャックとメグよ。
Blogの方もぼちぼちアーティストレビューも再開せねば。

というわけでArctic Monkeysです。
2006年最初の大型爆弾はお猿さん達です。
今ロック界を最も賑わせている彼ら。本物かハイプか?最高か最低か?どちらにせよ話題の中心にいる事に違いは無いでしょう。
Ian Brown、Supergrassのギャズ、あぁDead60'sのVo.も歌っているときは大層な猿顔だったもんだ。
しかし今UKで猿といえば間違いなくArctic Monkeysに他ならない。
1stSgを出すやあっという間のSold Out。出荷枚数自体多くは無いとはいえ売れた事より異常ともいえるマスコミの反応が目に映った。
メジャー1stとなる2ndSgではすっかり鳴り物入り。Al発売前には全音源をネット上に発表する自信っぷり。
メディア各誌は絶賛の嵐。どの紙面ににも踊る「Oasis以来の衝撃!!」の文字。
う~ん…うんざり。何がってメディアにですがね。「Oasis以来の衝撃!!」って。The Libertinesでも言ってたんだから「The Libertines以来の衝撃!!」だろうが。
…まぁ置いといて彼らが本物かハイプか…その真価はまだ下されないでしょう。
それは別としてこの1stAlは素晴らしい出来だと思います。
冒頭を飾る「The View From The Afternoon」のイントロから良い感じです。この曲のミソは残り1分30秒ほどで「二度」始まるところ。早くもメロセンスは発揮。
更に2ndSg「I Bet~」。広告を拝借して私的に言えば「Ocean Colour Scene以来の衝撃!!」ですかね。
厳密にはOCSの「Hundred Mile High City」以来のスリリングなイントロです。麻薬的な即興効果がありますね。正にSg曲と言って差し支えない必殺アンセムです。
続く1stSg「Folktales of San Franscisco」。この裏打ちミドルナンバーを1stSgの持ってきた辺りが好きです。中々に渋い。サビではほぼDr.しか鳴ってない辺り結構大胆。
より一層ペナペナ演奏、最長の名前を持つ最速曲「You Propably~」
驚くほど落ち着いて聞かせるバラードナンバーの「Riot Van」
物静かなプロローグと切り裂くような激しいG.から始まる本編に成り立つ「When The Sun Goes Down」
最後を彩る「A Certain Romance」は軽快なThe Strokesを思わせるナンバーです。
世間を賑わせるArctic Monkeysの約41分の1stAlは意外なまでに隙が無い。
演奏面は言うまでも無く酷いもの。薄っぺらくバックボーンとなるものが感じられず、軽薄といった印象。それは疑いようがないでしょう。
しかしそれこそが1stAlのみに通用する荒々しさ、勢いにも一役買っているともいえます。
特筆すべきは曲構成でしょうか。殆どの曲はどこかでリズムや間を変えてきます。頭から終わりまでを単調に聞かせません。あまり露骨な変調ではないのがいいのか?
全てをSgとして聞くと似た曲があると思えますが、通して聞くとするっと流して聞けます。
もっと回数をこなした時の感想が怖い曲調ではありますが、名盤になる可能性を持った良盤です。
さて先に述べた真価はやはり2ndAlに掛かってくるでしょうが、その出来に関わらず危険な売れ方をしている事は間違いない。
押すだけ押して落ちたら知らん振りの昨今のメディア情勢に負けないことを祈りましょう。
真の学生最後のライブに4月2日のZepp Osaka行こうかな?
キクミ~アウ、キクミ~アウ♪

Arctic Monkeys「Whatever People Say I AM,That's What I'm Not」
20060131013128.jpg

今のBGM:Eminem「Lose Yourself」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ARCTIC MONKEYS(06年発表)1stシングルが昨年10月に出てからメディアの持ち上げ方が半端じゃないなあと思いながらもあまり気にしていなかったバンド。しかしネットで試聴してやっぱりこれは聴いておくべきバンドだって直感しました。UKロックは今次から次へと新人バンドが
2006/01/31(火) 06:49:43 | Time of your life
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。