Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
あぁ女神様
いや~夏フェスもすっかり発表の季節となりましたね~。特にサマソニは飛ばしてますね。
メタリカは金かかってるし、ダフト、マッシブのダンス勢、恒例の新人勢にUKも押さえてるし。対してフジはいつも通り過ぎる面子でまだ面白みがないな~。どうなるやら。

そんな中一番楽しみなMUSEです。
シンプルなお名前だ。女神様です。今やUKの現在を代表するといっても差し支えない一大バンドまで成長した3ピースバンドです。
20世紀末に1stAl「Showbiz」でデビューを飾るやその壮大な世界観で一躍業界の注目を浴びました。当初は日本におけるビジュアル系もどきみたいな評価を受けている部分もあった気がするな~。
初めて「Muscle Museum」を聞いた時はえらく変態チックな印象を受けました。私もビジュアルに押されて少々引いてしまいました。
初年度のサマソニにも早々と出演を決め好演します(当時最もショッキングなライブはAt The Drive Inでしたが)。
ヘビーロックとクラシックを融合させたサウンドで注目を集めた新人であったことは間違いないでしょう。

世紀を挟んで2001年に発表された2ndAl「Origin Of Symmetry」で大きく化けたというか進化を遂げました。
1stAlで用いた文法はそのままにダイナミズムがメチャクチャにパワーアップしています。もうこの辺りからは完全に3ピースバンドの音じゃなくなってますね。壮大すぎます。
静と動の使い分けが見事で、物静かなメロディーから轟音G.と共に一気に爆発するドラマ性は他に類を見ません。
癖のあるVo.は好みの分かれる所でしょう。歌い上げるVo.を毛嫌いする人には辛そうですし。
曲によってはPlaceboに近いものも感じますね。Vo.の具合も似てるし。

ついついAlの成長具合にRadioheadを連想してしまう節もありますが、Radioheadは3rdAlで方向性を変えることで大きくなったわけで少々Museの3rdAlに不安を感じていた当時。
しかしそんな心配など、どこ吹く風と言わんばかりにバンドサウンドのままに更なる成長を見せ付けた「Absolution」をリリースしました。
1stAlでは「長さ」を示し、2ndAlでは「幅」を加えた。頭打ちと思われた3rdAlでは「高さ」を示して文字通り高みにまで上り詰めました。
2ndAlでもすっかり3ピースバンドの壁を突き抜けていたMuseですが、3rdAlの段階では本当に1曲1曲が物語ともいえるような構成になっています。プチオペラの様相の曲だってあります。

それだけ完成度の高いCDですが、彼らの本当の魅力はCDではなくライブです。仮に3ピースだとしても技術の進んだ現代においてはこの音を作品として作り上げる事は可能でしょう。
しかしMuseはライブでの再現力が半端じゃない。3ピースの枠をあっさり超えてしまう演奏には舌を巻くばかり。圧巻は2004年のグラストンベリーのメインステージのトリです。
2004年は超豪華な面子で、UKの現在、過去、未来と評されたOasis,Paul McCartney,Museという三日間のヘッドライナーに見事に名を連ねたばかりか、メディア、ファンを含めた皆が選んだベストアクトは誰あろうMuseが断トツで選ばれたのです。
そのグラストンベリーのライブの模様は先日発売されたMuseのDVDにバッチリ収録されているのでご覧いただけますがとんでもないですよ。

言葉で語るとどうしても安っぽくなるので曲単位での解説は出来るだけ避けた記事になりましたが、ここに来ていよいよ化け物じみてきたMuse、すっかり名前負けしなくなってきた女神の名にかけてサマソニでも素晴らしいライブを期待したいものです。

Muse「Origin Of Symmetry」


今のBGM:Muse「Thoughts Of A Dying Atheist」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。