Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ノリノリ爺ちゃん
気分が乗るときにはまとめて書くのが吉と見た!!

というわけで世間の波から二、三歩遅れてBent Fabricです。
ぶっちゃけ散々メディアで「Juke Box」は拝聴していたわけだけども、ようやく購入と相成りました。
当年とって82才の大御大であられるわけですが、正直彼の母親が104才でまだまだ元気な方がよっぽど衝撃でしたわな。
それにしたってどこの世界にこんな活力の塊のような音楽をAl1枚に丸々つぎ込める82才がいると言うんでしょうか?半分反則の域ですよ。
基本はジャズピアニストであるBent Fabricのピアノありきの作品、それに7人のVo.をフィーチャーし更に音を重ねる、こんな所です。
ロック耳にピアニストというと真っ先にBen Foldsが挙がりますが、ことこの作品のみに限ればBen Foldsよりも遙かにPopに仕上がっています。
更にはよく言われているFatboyslimの方が近いと言えますね。ジャズピアニストの意欲作と考えるよりもアッパーダンスチューン目白押しの作品と捉えた方がしっくり来ます。
個人的にはFatboyslim一派なのですがSpace Cowboyが一番感覚がダブります。ダンスアクトの中でもギターリフやバンドサウンドのサンプリングを多用するSpace Cowboy、そこをピアノやストリングスを用いたのがBent Fabricの「Juke Box」です。

比較的Bent Fabricのピアノがメインを張る「Juke Box」からしてもそうですが、一介のジャズピアニストの作品というにはVo.や他楽器が非常にバランスが良いです。ピアノを聞かせるのではなく、あくまで一つの曲を構成する一因としてピアノを効果的に鳴らしています。
がっつりピアノを味わいたい人には少々物足りないのかもしれませんね。
しかしまぁ本当にAlから滲み出るというか吹き出ているエネルギーはどこにあるのだろうか?
ただ純粋に「音楽って楽しいよな?」と気付かせてくれる良作。部屋にいるとき、出かけるとき、ドライブするとき。どんな時にも期待に応えてくれるオールマイティー作品です♪
…ただ104才のBent Fabricの母親は今回の作品があまり好きではないそうで。辛いところですな。

Bent Fabric「Juke Box」


今のBGM:Beck「Girl」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうも僕です。
雪の中で正座しながら「You are beautiful~♪ You are beautiful~♪」と歌い、最後には海に飛び込んでしまうプロモのアーティストの名前とその曲のタイトルを教えてください!!
2006/04/01(土) 22:34:49 | URL | 072207 #-[ 編集]
お求めの曲はJames Blunt「You're Beautiful」です。
擬似的なだろうけど、雪の中で服を脱いでいるのがガチンコの一発撮りやったらこの人はただのアホです。
3日から仕事だよう!!!
2006/04/02(日) 02:47:26 | URL | 牛馬鹿丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。