Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ロック再考
初めての給料にテンション上がるも貯金やらを考えないといけない年で、なんだか学生時代より貧乏になったような錯覚に陥る…

押しも押されぬロックの盟主The Strokesです。
20世紀最後のロックアイコンはRage Against The Machineだと思って憚りませんが、21世紀最初のロックアイコンと言えば誰もが口をそろえてThe Strokesの名を挙げるでしょう。
ロックが生まれて以来、その進化、変化は決して止まらなかった。G.の弾き方が変わり、Ke.が加わり、果ては打ち込みを織り交ぜ、HipHopとの融合も図った。
次の手は?どうすれば新しい??20世紀末にロックがぶち当たった壁にNYからやって来た5人組はあっさりと答えを出した。
古めかしいロックンロールを携えてあまりにあっさりと壁をぶち壊してしまった。
名門レーベル、ラフトレードから「The Modern Age」がリリースされるやロックの国、英国で人気が爆発。一気に渦中のバンドとなる。
2001年夏に1stAl「Is This It?」が発売されると最早人気は留まる所を知らない。21世紀で最も早く最も大きな成功を収めたバンドとなる。
Alは全体的に粗い録音状況。今では当たり前にある事だが、当時としては「どんな機材で録音してんだ?」って感じの音だ。
特別スピード感があるわけでもない。上手いわけでもない。どこかだるそうだ。それでもロックはギュウギュウに詰まってる。
「Last Night」「Hard To Explain」「Take It Or Leave It」どこを切ってもロックンロール。
誰もが思ったろう。「古いけど新しい。」「この手があったか!」正に時代の寵児と言える歴史に残る名盤だ。
因みにこの年、サマソニの2ndStageのオープニング出演予定をキャンセルしている。

さぁここからが問題だ。全てが噛み合い見事に成功を収めたThe Strokesではあるが、世の中には柳の下でどじょうを狙う輩は山ほどいる。
言い方が悪かったが何せリバイバルブームが来てしまった。どいつもこいつもリバイバル。昔の音楽を漁れ漁れと…
The Strokesはロックの救世主であり最大のガンの役目まで果たしてしまった。21世紀以降のロックの流れすらも変えてしまったのだ。

1stAlから待つ事2年。全世界待望の2ndAl「Room On Fire」がリリース。
多くのライブをこなしてきたからか、最高のバンドと言う自負か、一回り大きくなった彼らのAlは前作より洗練されどこか余裕すら感じさせた。個人的に最高傑作「Reptilia」が収録されている時点で最高ですが。
この年サマソニでRadioheadの前で見事にトリ前を飾っている。この二年の動向で世間の評価が分かると言うものだろう。

時代は進む。リバイバルブームはロック、ガレージ、ニューウェイブが大きな波だろう。それらは全てThe Strokesが発端だ。
多くのバンドは消え逝く運命だろう。The Strokesですら爆発力自体は薄れているのだから当然だろうが。
それでもThe Strokesの名が消える事はない。ロックの歴史に燦然と名を刻んだのだから。

時代は進む。2006年1月1日、真っ先に産声を上げたのはThe Strokesの3rdAl「First Impressions Of Earth」だ。
音が変わった。プロデューサーの影響は甚大だ。
硬質的な音。凄く無機質な感じを受ける。曲は今までどおりと思うんだけど音だけ変わってるからどうにも違和感を受けてしまう。
初めはそのせいで中々耳に馴染まなかったけど、今じゃすっかりこのAlも気に入ってしまった。

色んな意味でこれからどうなっていくのだろうか?惰性で地位を築いていくのか?とんでもない名作を作るのか?朽ちていくのか?
ひょっとするとそれがそのままロックの未来かもしれません。
因みに下のAlジャケットは9.11事件以降「NYCC」を削除した形で発売された「Is This It?」です。つくづく時代と共に現れたものだ。

The Strokes「Is This It?」


今のBGM:Smashing Pumpkins「Today」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。