Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スミスはやっぱり英雄らしい
なにぶん夜中に書いてるものでさくさく行こう。

The Upper Roomです。
最近になってモリッシーのような色気のあるVo.のバンドがよく耳に入ってくる。その内お気に入りの一つがこのThe Upper Room。
CDのライナーによれば一枚のCDも出す前にSONYとの契約が成立していたそうな…とんでもない話だ。
音楽性としては軸にはギターポップの血が色濃く際立つものの、先に述べたようにスミスの影響を随所に感じさせる部分も多々見られる。
少し前のニューウェーブリバイバルとは違った意味での80年代最考、いくつかのUKバンドで見られる傾向である。
しかしメンバー自身が「ポップソングを作ること」を命題に掲げているように決して80年代懐古のままでは終らせない。
演奏面について向上する余地は多々あるもののメロディーはよく作りこまれていてソングライターとしての確かな資質を感じ取るに足る内容だ。
メンバーの中には以前ダンスミュージックをやっていた者もいるそうで、その影響がAlの随所に光っている。「Portrate」などはその顕著な例だがそのダンスミュージックの経験が曲にしっかりとした聴いていて気持ちの良いテンポを与えている。
ギターポップ+UK+ダンスと式にしてしまえばなんと無敵な事か。ダンスはエッセンス的な意味合いで用いられていると思うけど。
まぁしかしポップソングを作ると公言しながら(自分でハードルを上げながら)のこの出来は新人がてらに大したものだ。

さぁ、あなたがThe Upper Roomを買ってみようか躊躇すると言うならば、深くを知ろうとせずともAl冒頭の「All Over This Town」「Black And White」を連続で聴いてみるといいと思う。
もしこの2曲でピンとこないなら、残念ながらこのバンドはあなたの趣味とは合わないのでしょう。
しかし「All Over This Town」に小気味よさを感じたならば、「Black And White」を聴いて共に「Pain,Pain」と口ずさんでしまうなら、The Upper Roomはあなたに良質なポップを届けてくれる事でしょう。
Pain,Pain,Pain,Pain,Pain,Pain…

追記、CDを聞き流しているとどうも聴いた事のあるG.が聞こえてくる。
ん?これって…U2やんけ!!
というわけで日本版ボートラのU2カバー「I Will Follow」も個人的には好きだ。完コピでアレンジんじゃいけどね。

The Upper Room「Other People's Problems」
20061107020522.jpg

今のBGM:Dirty Pretty Things「Gin & Milk」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。