Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
またスミス
また間が空いてしまった…New Rhodesです。
イギリスはブリストル出身の四人組。
特に語ることはなく、ただただThe Smithの再来がここまで似合うバンドはない。
The Smithフォロワーの枚挙がいとまないUK音楽事情において、The Smithらしいという一点においてはこのバンドは他の追随を全くといって良いほど許さない。
本当にモリッシーとマーが現代に生まれていたならこの音を紡いでいたのでないかと思わせる。それだけのセンスと色気を感じさせる音を作り上げているバンドです。
未だ若干の青さを感じさせるところが逆に良い方に働いてると思います。

曲を聴いていくとちょいと一本調子のようなのが気になります。
冒頭の「You've Given Me~」から高らかに幕を開けるオープニング。ところが同じような曲が多いと言われてしまうと身も蓋もないなぁ、という曲構成ではある。
お約束な展開でサビで抑揚が最大となり歌い上げるVo.…嫌いな人にはそれだけでダメかもしれない。
ただ、それがどうしようもなく気持ち良い人種もいる。というか私はそうだ。
この曲はこうだとか、この曲はこう違うとか、イマイチ足りない脳みそでは表現できない。叙情的な「Please Tell Me Something」とかあるけど、ぶっちゃけ似たようなもんだ(暴言)!!!
それでもAl通して駄曲はないと思う。全て掛け値なしにNew Rhodesだ。
ちょいと触れ込みが大げさすぎるのでそれに潰されないようにして欲しいもんだ。
現代のThe Smithはここにいる。
That I Can't Give~~…バ~~~ック!!!

NEW RHODES「Songs From The Lodge」
20061119160951.jpg

今のBGM:マキシマムザホルモン「アカギ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。