Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カールの煌く才能
今年の総括をするには書いていないバンドがあまりに多い…
その中の一つのバンドを書いておこう。

Dirty Pretty Things
言わずと知れた元The Libertinesのカール率いる新バンドである。
あまりに短く、あまりに儚く解散を余儀なくされたThe Libertinesの二大看板、「狂気」と「良心」の良心であるカール=バラーの、皆が大きな希望と少しの無念を伴って待ち焦がれていたバンドである。
リバのDr.とサポートG.、そして元The Cooper Temple ClouseのBa.の4人編成だ。

リバの時には二枚看板ではありつつも、ピートの存在感に二番手的印象を拭えなかったカールではあるが、その真価はダープリで大いに発揮される。
リバの音楽からドロドロとした部分を取り出し、純粋なまでに透明度を増したカールの音楽は一聴しただけでリスナーを鷲掴みにするパワーを備えている。

「Deadwood」という、どうしても過去を連想するタイトルからスタートするAl。しかしタイトルとは裏腹にもう踊らずにはいられないロックがそこにある。
疾走し続ける音の連続。後ろなんて微塵も見ちゃいられない。正直な第一印象は「カールってこんなに凄かったんか!!」
「Docters And Dealers」でも勢いは止まらず。サビでのG.リフが最高にカッコイイ!!最後ではそれまでと違うリズムで歌われる
サビが何ともリバらしさを感じてしまう。
先行Sgである「Bang Bang Your Dead」はトランペットから始まるミドルテンポながらダープリのキャッチーさを剥き出しにした佳曲。どことなく寂しさを感じるメロが、魅力を増している。
「Blood Thirsty Bastards」ではスローからミドルテンポへと感情の高ぶりと共に移行していく。それとは逆にミドル、ハイテンポにスローテンポを混じらせる「The Gentry Cove」の対比も面白い。
そして最高傑作と思われる「Gin & Milk」。渋めのG.が耳につくメロとこれでもかと言葉をぶちまけるサビの融合は相当いい!!もうとにかくいい!!
軽快な「The Enemy」で仕切りなおして「If You Love A Woman」へ。この曲のカールの叫び方がメチャいいですな。
作中最速の「You Fucking Love It」。この辺はお手の物といった仕上がり。パンクな音になってます。
「Wondering」、「Last Of The Small Town Playboys」辺りでは流石にやや飽きがきてしまいますが、「B.U.R.M.A」は再びカールの真骨頂といえる楽曲。サビではそれまでとは一気にリズムを変えてテンポアップする踊れる曲です。

通して聴いてみると中だるみもあるものの中々の作品だ。これからのカールの未来を思わせるには充分な作品だろう。
これでピートとカールは違う道を行くと皆に見せた。リバを待ちわびるファン達に、自分自身に…
さぁこっからだ!!俺達のリアルロックアイコンの未来は!!!

Dirty Pretty Things「Waterloo To Anywhere」
20061217153750.jpg

今のBGM:Radwinps「揶揄」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。