Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Count Down Japan06/07 その3
20070102025559.jpg


さぁ最終日です。最終日は帰りの電車が遅くなると見て車で向かいました。結果的には片道一時間ほどで着いたので大正解でした。費用はややかさみますが…

12/31
最終日は開演時間が遅いので13時頃に到着。いらん上着は車にポイ。

POLYSICS
相も変わらずテンション高めパフォーマンスを続けるポリ。なかなかのもんです。
定番リコーダーも見たので移動。

オレスカバンド
なんかとりあえず試しに行ってみる。女の子だけのスカバンド。演奏も悪くないしテンションも高いけど、拙いMCやパフォーマンスを見ると文化祭で張り切ってるみたいな空気感から抜け切れてない。
音は大きいけど、どこか細いのが気になった。まだまだこれからのバンドだろう。

ドネルケバブを食す。三日連続。

ZAZEN BOYS
ライブで見るのは初めて。プログレでもグランジでもない向井ワールド。向井さんこういう方向に行ったのか。歩み寄らないという姿勢はくるりの岸田と同じっぽいけど、向井さんはちゃんと表現したいことのベクトルが決まってる気がする。
誰かが「ファンでないとおもんない」ってぼやいてるのが聞こえた。
納得!!CDを聴いた上でライブに行った方が正当な評価が出来そうだ。

ホフディラン
復活のホフディラン。超期待して臨むもワタナベイビーの声が悪いのかマイクが悪いのか、全然聞こえない。正直残念。懐かしい曲達は普通に良かったのに…
「遠距離恋愛はつづく」、「恋はいつも幻のように」、「欲望」など懐かしさ沸騰の曲に「僕らのタイガース」なども交えてなかなかのライブ。マイクさえ…
最後は「スマイル」で締め!!

シュノーケル
アジカン以降のバンドってやつでしょう。
今回はサポートメンバーにキーボードも入れて4人編成です。前回見たときより全然良くなっててビックリ。
ツボを押さえた曲展開と抑揚のあるサビを叫ぶVo.など悪い点は特に見当たらず、図らずも最後までじっくりライブを見てしまった。
最後は「波風サテライト」で締め!!

DJブース(Guest:ハヤシ POLYSICS)
休憩したかったけどこれは見逃せないとDJブースへ。かなりの人だかり。
毎度のエアギター、エアドラムなど音ハメパフォーマンス爆発!!「X」、「ロマンティックが止まらない」などお決まりの曲でテンションMAX!!今回も笑わせてもらった♪
昨年のOTODAMAの方が客の年齢層が高くてハヤシのネタがストライクで盛り上がってたのは致し方ないでしょう。
見たことない方は是非!!一見の価値あり。

今度こそ休憩を取る。疲れた~。

Base Ball Bear
一曲しか知らないけど見てみる。なんかメロが変な気がする。楽器の音とVo.が不協和音みたいでなんか不快だった。
Vo.のテンションの高さもちょいと違和感があった。落ち着け。
序盤で「スタンドバイミー」を聞けたので良し。移動。

曽我部恵一バンド
昨日のDJに失望してしまったので見る気があんましなかったけど見た。大正解!!
曲はちゃんと知らないけどメチャよかった!!!確実に聞いている人に何かを伝えられる人やな。日本のロックです。
「胸いっぱい」や「テレフォンラブ」など大分いい気持ちにさせてくれた。これを最後に持って来いよ!!とすら思ったほど。
会場中がハッピーな気分に包まれた。ありがとう曽我部恵一。

bonobos
ほんまにチラ見。思ったより面白そうなバンド。色んな音楽的バックボーンがうかがい知れた。移動。

エレファントカシマシ
初っ端から「今宵の月のように」そして「悲しみの果て」。キャリアの長さは伊達じゃない。演奏の確かさと分厚さ、宮本のVo.の熱さはかなりのもの。
男臭さも気持ちいい。全部見たかったけど移動。

DJブース(Guest:Handsomeboy Technique)
さぁやってきたよハンサムさん。プレイでみるみるフロアから人が居なくなったけど気にしないよハンサムさん。
何故なら残ったのは無類のクラブ好きだろうから。
持ち曲、定番曲を巧みに繋いでいき、要所要所で大ネタを使ってくるプレイで一時間半マジ踊らされました。
The Frallies「Henrietta」で最初の昇天。まさかCDJに来てこの曲で踊れるとは…ちょいと疲れて飯買いに行ったらThe Go Team「Bottle Rocket」が流れて速攻フロアにUターン。
最後はThe Pipettesで締め!!やっぱり昇天。
予定外に踊ったので東京事変は見逃した。

GO!GO!7188
これも復活バンド。凄い集客。
メンバー登場で大歓声。ほんでSg連発!!かと思いきや「C7」、「おとなのくすり」など3曲ほどを除いてマイナーな選曲。いつもこんなもんなのか??
あとG.Vo.の子ってなんともつまらなさそうにライブをやる。MCもないし素っ気無いし。いつもこんなもんのか??こんだけつまらなさそうにやる人ははじめて見た。ちょっと期待はずれ。

最後の飯。これで終わりとばかりにから揚げ、肉まん、ロコモコカレーとがっつく。…食いすぎ…ちょっと気分悪くなる。

GRAPEVINE
良かったね~。非常に迫力ある安定した演奏と確かな楽曲。会心の出来ちゃうかな??
「スロウ」、「光について」はやっぱいいし、知らない曲も充分に魅力伝わるライブ。
Vo.田中の普段と歌の声質の違いはナンなんだろうか??
でも持ち時間もう少しあったと思うんだが早めに終ったのが心残り。

東京スカパラダイスオーケストラ
いよいよカウントダウン間近。メンバー登場と共に会場中のそこら中が踊りだす気満々の空気。
鳴り出す「ゴッドファーザー愛のテーマ」のスカカバー。会場中早くも沸点突破!!踊るわ踊るわ♪盛り上がりまくり。
更にテンションの上がり続ける会場。ハンサムさんで既に足に来ている俺には少々キツイ…カウントダウンはあっちだな。移動。

レミオロメン
大阪限定アーティスト。最後はまったりと年を越すとしよう。
出てくるメンバー、いきなり「粉雪」。こな~~ゆき~~~!!!意外だったわ。
「サイン」「モラトリアム」とたて続け、確か「南風」が終ると間もなく年明け。雑談を含めつつカウントダウン開始!!
年明けと共に「明日に架かる橋」(だっけ??)が始まるとThe Flaming Lipsよろしくの風船投下。バカデカイ風船が8個ほど出てきて、それが割れると無数の小さな風船が散乱。なかなかキレイな趣向だ。
更にSgを立て続けに連発して「3月9日」「アカシア」以外の聞きたいのは全部やってくれたと思う。
本編終了後アンコールにて「太陽の下」(だっけ??)で終了。
単独に行くかは別としてレミオロメン好きだなっと実感したライブ。

終了時12:30過ぎ。
年も明けた。未だ会場で、DJブースで興奮冷めやらぬ若者達を尻目に帰路に着く。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
&明けましておめでとうございます。
私はfukumimi★と言います。
カウントダウンライブ行かれたなんていいですね~♪
あんまり邦楽は聴かないけど、斉藤和義は若い頃好きでした。
私はレッチリとかビースティーボーイズが好きです。
音楽のお話ができる人がいないので、よかったらお友達になって下さい。
それではまた遊びに来ますね。
2007/01/03(水) 08:27:17 | URL | fukumimi #RR9OddmU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オレスカバンドオレスカバンドは大阪府堺市出身の6人組スカバンド (音楽)|バンドである。2003年結成。2006年にデビュー。所属レーベルはソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ内のTERRY DOLLAR RECORD$(事実上の個人レーベルである)。所属事務
2007/04/06(金) 03:48:19 | 希の記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。