Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
芯のあるメロパン
あと三日もすると遂に念願のOasisとご対面…興奮は抑え切れません。そんなこんなで気が付くとTFCのベストまだ買ってねぇよ!!明日買って聞きまくるか?

北欧パンクの雄Millencolinだ!!
すっかり勢いも下火なメロコア達。ブームと共に消えていったバンドなんぞ数知れず。自然の法則にしたがって淘汰されて逝きましたなぁ。
しかしそれだけに生き残ったバンドにはそれなりの魅力、力があるってものです。このmillencolinも然り!!
スウェーデンは数多のメロディーメイカーを輩出している土地ですが、メロコア、メロパンでもこの良質バンドを見事に生み出してくれました。
パンクバンドでは勢いが目立ち、曲自体を冷静に見るとイマイチってのもありますが流石はスウェーデン野郎ども、そこはそれ、曲でありつつも歌であることをよく考えた曲作りをしていると思います。曲によるカラーもあり突っ走るスピード重視の曲もありますが、彼らの真骨頂は直球ど真ん中のメロディアスでキャッチーな曲でしょう。
悪く言えば、ある時はJEWのようであったりBad Religionのようであったり個性は薄いかも知れません。聞いたことのない音ってわけではありませんから。
ただ1パターンと思われがちなメロパンでAl単位で平均点以上の曲を並べてくるソングライティングセンスはそれだけでも評価に値します(私的にですが)。
…と偉そうに述べて実はAlは1枚しか持っていません、ごめんなさい…しかし実際には大分前から曲は耳にしていました。25曲ほどを収録し1000円という低料金で有名なコンピ「パンクオーラマ」シリーズでです。一時期毎年買っており色んなバンドを耳にしていた中、明らかにメロディーの取っ付き易さ、完成度の高いバンドがいました。まぁその時は「中々やなぁ」ぐらいでしたがvol.5収録の「No Ciger」に一発でやられました。カッコいいわ…
そこからAlを借りて聞いたりしてましたが、いつの間にやら忘れて早数年…最新AlをCD屋で見かけ、懐かしさから聞いてみるとそこには昔のままではなく更にパワーアップした彼ら。思わずレジに。正直メロパンの新譜を買うなんて一年半ぶりぐらいの事でした。でもCD屋で試聴しても、買って家でコンポに入れても、これが買いのAlであるという思いは微塵も揺らぎません。未だにこれは愛聴盤です。
このAlなら是非「Ray」から聞いてみて下さい。青いでしょうが直球でしょうが…いい曲でしょう?
サムワンフーネバーウィルビーチェンジ~ン♪

Millencolin「Kingwood」


今のBGM:Weezer「Buddy Holly」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。