Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本最高の日本語使い
バイト先に新手のipod使いが増えてきて、それぞれプレイリストを考えるのを楽しんでいる今日この頃。そんでふと思い出した。「この人のプレイリスト作らな始まらん!!」
そんな感じでいつもの形式再開一発目と相成るわけです。

その人とは中村一義です。下のAlジャケットは失敗じゃなくて、黒っぽい物なんですよ。
曲をご存知なくても名前を聞いたことはある方も多いんではないでしょうか?癖のあるファルセットボイスに足踏みした人も多いでしょう。私は現段階で「日本の音楽」の最も優れた作り手の一人だと思っています。
生い立ちにも色々あって、引き篭もりのようになっていたようですがその辺は詳しくは省きましょう。知りたい方は情報をネットで探せばあまり苦もなく探せるでしょう。軽々しく捩れて文章にはしたくないのであしからず。
リリースしたAlは計5枚(4枚)。
宅録のお手本、ほぼ全ての楽器を自ら演奏した「金字塔」、独自の世界観を更に内に向け掘り下げた「太陽」、培ってきた物を消化し吐き出した圧倒的な完成度を誇る「ERA」、巡り会えた仲間と共に歩んでいく決意に満ちた「100s」、そして決意表明のようにバンド名義100sとして発表した「O'z」。
文章からも伝わるでしょうか?歩んできた道は己の内に問いかける方向から、外へ外へと放つものへと変化し続けてきました。それゆえでしょうか?彼のファンはよく内省的ともいえる初期ファン(1st,2nd)と、開放的な後期ファン(3rd~)に大きく二分されます。私はどちらかと言えば後期ファンです。
初期の彼は和製Beck等と称されていました。独特のメロディーに正に「詩」を乗せられた曲は己自信を吐き出すようです。しかしそれこそが中村一義を天才たらしめ「金字塔」を名盤たらしめた理由でしょう。
後期の彼は、悪くいえば「詩」はより「歌詞」になったかもしれません。メロディーもよりポップに。この時彼は「らしさ」を失ったのでしょうか?そうじゃないと思います。曲や歌詞からも(バンドスタイルという事実からも)滲み出る外(他人や環境)との接点を持ち、喜びに満ちた彼にとってそれは必然だったんじゃぁないでしょうか?
曲の持つ雰囲気は変わりましたが、中村一義らしさってのは全く持って揺ぎ無いと私は思っています。
私は決して歌詞に拘るタイプの人間ではありません。いい歌詞と感じた曲に感動をすることはありますけど、洋楽では特に歌声も音として捉えて、曲がメインです。そんなの損してると思う人もいるでしょう。歌詞の意味が分かれば倍魅力的だ、と。でも一概にそうとは言えないんです。洋楽でもしょうもない歌詞ってのは山ほどあって、そのせいで曲にも幻滅することだってあるんです。
邦楽になるとそんなのしょっちゅう。なまじ言葉が通じるだけに分かる安っぽい言葉に、安易に散りばめられた英語…うんざりだ!!どいつもこいつも曲は作れなくても「この曲は歌詞を書きました♪」正直反吐が出る。英語交じりの日本語の文章を書くってことを「歌詞」と取り違えてる連中には。歌詞だってメロディーと同じ、たったワンフレーズが心に響けば誰かの名曲になり得るんだ!!
勿論、詩集買うなんて柄じゃない。買っても埃を被るのがオチだろうし。でも中村一義の歌詞を詩集としてみるのは悪くない。最初は曲に惚れて買ったんですが、「中村一義の歌詞が凄い」みたいな文章を見たのをキッカケに歌詞カードを珍しく開いてみた。
結構衝撃だった。日本語って本当に美しい言葉なんじゃないだろうか?と思った。この人は言葉を大事にしてるんだろうな、と思った。
私が無知なだけできっと日本にはもっと凄い詩人がたくさんいるんだろう。でも私は少なくとも音楽界で中村一義以上の「日本語」を知らない。
最後に彼の作品中の好きな歌詞を挙げてみようと思います。

きらきらひかるものが溢れ出す場所、「心」。/「新世界」より
僕は僕として行く/「犬と猫」より
犯罪者であっても、スヤスヤ眠る、素晴らしき世界だね。クロだったものもシロに化かす、素晴らしき世界だね。忌まわしき世界だね。/「素晴らしき世界」より
ひとつ笑って、ひとつになって、君を少し、知れたようで。/「ひとつにだけ」より
だからね、死んでくより、そりゃ生まれる日の方がさ、少しは…いや、多いといいなぁ。/「あえてこそ」より
あぁ、全てが人並みに、うまく行きますように/「永遠なるもの」より

中村一義「ERA」


今のBGM:中村一義「君ノ声」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。