Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
100s ZeppOsaka
MTVSummersonic完全版撮ったり、後で深夜のRushBall見てみたりと大忙しの一日です。
しかしメインはこれだな~。

行ってきました100s(ひゃくしき)ライブに。
会場のZeppOsakaにはのんびり開場30分後に到着。のんびりグッズを拝見してから中に入る。
まだ空いてたんでかなり前の方に陣取る。チケットかなり余ってんのか?
舞台は後方に映像を映す板(?)と鏡を交互に立ててある独特な配置。「オズの魔法使い」っていうより「不思議の国のアリス」って感じがした。
ライブは15分押しでスタート。PAの機材チェック開始遅すぎ。事情は知らんが押さずに開始出来たんちゃうか?
最初はバンドセッションから。「OZⅢ」かな?よく分からん。
しかし演奏は見事!!元々キャリアのある面子だけに聞き応えのある厚い音だ。
ほんでそれが終わると中村一義登場。また髪の毛伸びてる。
「光は光」でスタート。これがよかった。
いきなりバンドの一体感のある演奏と中村の例の声。本当に綺麗な曲として表現されてた。
この辺りからMC挟んでライブ展開していったんですが、大きく分けて、静かというか壮大な曲とみんなで騒げ歌え系の曲になってました。本当にくっきり分かれてたような…
前者の曲はいいんですが後者のような曲のとき、G.の町田前出すぎ。正直うっとうしかった。最前線に居座るな。
Ke.池田もちょっとやり過ぎ感はあったけど、楽器の性格上移動出来ないからな。
このバンドはDr.がいいっすね。彼がいると音に一つ芯が通る感じ。
100sというか中村一義のライブは初めて見たけど、イメージと大分かけ離れてた。「この曲はみんなで歌おう!!」とか絶対言わないと思ってた。やっぱり100sとして活動しているってのは意味があってのことなんやろうなぁと感極まる。
前半はAl「OZ」の曲がメインで進行。序盤は盛り上がる曲やってました。
ライブ中盤で早くも演奏された「Honeycom.Ware」。やっぱこの曲は凄い。こういう曲を作るから中村は天才さんです。ガンガン踊れる。
ライブではCDと少し雰囲気違った。少しCDの方が上か??
曲順覚えてないんではしょりますが、Alの曲はライブで聴くと上乗せされた魅力がありますね。
やっぱバンドアンサンブルがいい!!それぞれの楽器の音が渦に鳴って一つになるって感じがしました。
本編終盤で「新世界」。一番好きな曲です。凄かった!!後ろのオペラグラスのような映像も相まって引き込まれてく…かっこいいな~。
「K-ing」で本編終了(合ってるかな?)
ほんでアンコールですがAlにも参加してた小谷美紗子さんを特別ゲストで紹介(本当に今日だけらしい、知らない人ですが)。この人がいい声してたんですわ。かっちょええ。
アンコールは2回あって、「君ノ声」や「1,2,3」でラスト「キャノンボール」はマジで反則気味。
「君ノ声」は中村一義で俺の3本の指に入る超名曲だし(歌いまくった)、後半2曲はライブではかなりロックアレンジでかなりカッコよかった。
終わってみれば1時間45分。お腹いっぱいのライブでした。強いて言うなら「ロックンロール」が聞きたかったかな?
最後の「キャノンボール」でG.町田にペットボトル投げつけた客は最悪。いくらムカついても投げんな!!
ライブで確信しましたが中村一義の曲は時に壮大なタイトルが付きますが(「新世界」「キャノンボール」「ハレルヤ」)、総じて名前負けしてないっすな。それだけの曲が書けるんでこれからも頑張ってほしい。
複数回ならいざ知らず、一度は見てみる価値はありますよ、100s!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。