Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本語RAPって
明日はボロフェスタ。やべ、なんかテンション上がらん。つうか行き方まだ調べてないし。今日のムッシュかまやつみたかったな~…
ま、赤犬の変態っぷりと髭、rei harakami見るど~!!

SDPことスチャダラパーだ!!
コーネリアスと小沢健二のフリッパーズギター、ピチカートファイブ、TOKYO No.1 SOUL SETらと共に渋谷系というムーブメントを作り上げた一員でもあります。
渋谷系の特徴としてみんな凄い洋楽リスナーってのがあります。いやそれまでの人達もそうなんでしょうが、良質の音楽のいい部分を抽出し取り込み、その「元ネタ」となるものまで世間に大きく認知させるのに成功したのは渋谷系の大きな功績でしょう(無論それも世間の一部分に過ぎないでしょうが)。
そしてHipHopのスチャですから当然サンプリングでクラシックHipHopの定番から誰でも知ってる曲までガンガン使っているわけです。
特にメジャー1stAlまではDJ SHINCOのセンスが光る。名曲をぶった切って繋ぐ繋ぐ!!いきなりゴダイゴの「モンキーマジック」飛び出すし(インディーではこの手法が主だったらしい)。
ライムの方は今より英語を交えた感じでやってます。内容は程々であんま凄いとは思いませんが、まだまだHipHopがアングラから抜け出してない頃に日本語ラップの基本を構築していってます。
ていうかやっぱトラック!!Bee Gees,Kool & The Gang,クレイジーキャッツ,果てはハイジ、サザエさんまで。バラエティーの豊富さでは随一!!
曲の一つが小泉今日子のコメントのみってのも何とも…んでこの頃のANIはメンバーとして何してんの??
さぁそんでやっぱりスチャ最大のヒットといえば「今夜はブギーバック」でしょう。小沢健二と組んだこの曲、やっぱ名曲ですが(DA YO NEと並ぶ世間でのHipHopの金字塔)これが収録されてる「スチャダラ外伝」(名盤!!)に収録されてるFreedomの「Get Up And Dance」を大胆にオマージュした「ゲットアップアンドダンス」がいいです。
ポンキッキーズのOPナンバーだったやつですよ。パ~っパラパッパパラ~ってやつ。これのロングバージョン。
この曲を渋谷系の仲間とやってますが、この曲を見事に日本風に出来てしまうのもスチャのセンスのなせる業か??
この頃にはじわじわ大ネタ使いっぷりもなりを潜めて、それと反比例してANIがBOSEと並んでMCとして前に出てきます。現在のスタイルですね。
ライムはもうすっかり純日本語ラップです。
最初期はまだ面白いトラックでも多少格好つけてる所もあったように感じましたが、すっかり馬鹿な曲はただひたすらに馬鹿で気持ちいいっす。
こう言うとなんか怒られそうですが、スチャの良さは肩の力を全然入れずに聞けるところですね。HipHopはどうも…って人に是非聞いて欲しい。
今主流のギャングスタラップとかは正直ヤバイだのスゲェだの分かったはもう!!って感じです。逆に初期のスチャとか聞いて勉強してこい!!とすら思う。日本語のRapとは何かを。英語カブレなら本場に勝てないって。日本語でする意味って??
少年雑誌コロコロ賛美歌「コロコロなるまま」に代表されるお馬鹿Rapのみでなく、ちゃんと歌詞を見ると痛烈に時代を風刺している曲も結構ある。なんだろね?アホっぽいけどちゃんと考えてる。ま、基本はアホなんかな?
最近はリリースの間隔も長く、それに伴いあまり聞いてないのでコメントはしませんが、スチャダラパーは今でも変わらずスチャダラパーである事だけは揺ぎ無いな~。
ベタかもしれんけど日本のBeastie Boys=スチャダラパ-だ!!
ダンスフロア~に、鮮やかなひ~かり~♪

スチャダラパー「スチャダラ大作戦」


今のBGM:The Arcade Fire「Wake Up」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。