Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ボロフェスタレポ その1
ボロフェスタの最終日行ってきました。
場所は本当に京大のとこなんですな。当たり前ですが。
着いた時の印象は「狭いな~」ってことです。
サイトとか見て分かってはいたんですが、なんだかんだで大型のフェスしか行ってなかったので少々驚きました。

会場内では観客席の少し後ろの方でスペースを区切って普通にフリマやってたり飯売ってたり、20秒も歩くともう一つステージがあり、その少し奥に西部講堂があります。
端から端まで2分かかりません。少々困惑もしました。
なんというか、音楽の部分に力を掛けすぎた文化祭というとしっくりくる。

フジロックはグラストを手本にし、サマソニはReading/Leedsを手本にした。それぞれに理念が、コンセプトがある。
どのフェスにもそれはあり、時にはお金であったりもするだろう。

ボロフェスタのそれは、限られた場所、限られた予算、限られた時間でどれだけのことが出来るか?ってことだ。
そう、HPにも書いてあったはず。そう思ったらす凄い納得出来た。
実際ライブはとんでもなくアーティストとの距離が近く、一番小さいステージは段差がないに等しい。
アットホームな雰囲気と会場の小ささも手伝って、ほぼ全てのバンドの何かしらのメンバーを食事中なり、ライブを見てるときに見かけた(時に一緒に盛り上がった)。

予算の事情等もあってだろうが、音響はお世辞にもいいとは言えなかった。音割れも何度もあったし、ノイズ混じりのときもあった。運営がボランティア中心なんで仕方がないだろう。
ただそういった物も全てひっくるめてボロフェスタと思えるように最後にはなったなぁ。
Mr.アマチュアフェス「ボロフェスタ」でいいじゃない!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。