Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
狂って候
ズバリあんまライブって行ったことないんですよね。基本、洋楽中心のせいか一回5~6千円はするじゃないですか?そうすると輸入の新譜が3枚買えるじゃん!!って発想が先に立ちます。そしてライブスルー。
そんなわけでライブバンドは勿論好きなんですが、評価は音源基準で、そこで相当高評価を得ないとライブまでこぎ着けません。
そうこうしていると前記のスーパーカーのように解散→後悔という勝利の方程式立ちまくってます。アホですね。金がないのが悪いのさ!!

以上を踏まえて今回も日本だNumber Girl!!
福岡出身、Vo.G.向井、Dr.アヒトイナザワ、他、男女一人ずつの4人組…今回は特に薄っぺらいぞ知識!!
何曲かを聴くとモロPixisみたいっと感じてたら、彼らがPixisを敬愛していることを後に知りました。きっと他の曲も他のバンドの影響強いんだろうな~。
初めてNumber Girlを知ったのは「透明少女」からです。いい曲やな~、とラジオで感じ、雑誌でプッシュされてるしCD屋で試聴。
「…聞くに耐えん…」が第一印象でした。通常に比べて極端に小さいVo.の録音音量、粗い音の楽器達。本気で「傷のいったCDでも入れてないか?」と思いました。
それでおしまいです。その後も情報は時々入ってきました。Sg出したとか、Alが出るとか。でもあの音が最悪のバンドだろ?ってなもんです。
時は経ちNumber Girlは解散となり、向井はZazen Boysなるバンドを作った。再編といった方が正しいかも。
更に時は経ち去年末でしょうか?行きつけの中古CD屋でその日は邦楽を漁っていました。するとNumber Girlの棚に「サッポロOmoide In My Head状態」を見つけました。どうやらラストライブのCD化らしくベスト的内容。元々メロディーは好きな「透明少女」は入ってるし、知ってる曲名も2,3曲あるし音楽コレクション的意味でもNumber Girlを持っておくのも悪くないかっと思い購入。
PCに入れると5曲目の「透明少女」から再生。ここからも興味のなさが伺えます。ライブCDなのに途中再生からとか…
歓声の後、曲が始まり…あれ?なんか凄くないか?思わず1曲終わると頭から再生を開始。そこには俺の頭の中のNumber Girlはおらず、本物のライブバンドNumber Girlがいた。
Vo.の音量が違う!メンバーの技術が違う!!何より伝わる熱量が違う!!!これか、みんなが熱狂してたのは。
後日、実際に1stAl「School Girl Distortional Addict」も入手し聞いたが、それはやはり「俺の頭の中のNumber Girl」だった。正直このAlは嫌いだ。音の優劣がそのまま曲の評価を下げていて、いい曲もまぁまぁ、まぁまぁは駄曲に格下げしているように感じるから。
ところがライブ版に至ってはその逆。圧倒的に曲の評価を上げている。よく聞けば微妙なメロディーかな?って曲がどうしようもなくカッコいい。生粋のライブバンドってのはきっとこういうバンドを言うんだな。こんな事を日本人バンドに思い知らされた事を洋楽リスナーとして驚き、日本人として喜ばしく感じた。
俺がライブ重視の人間だったら、もっといい形でこのバンドに出会えたことでしょう。
ドラムス、アヒト!イナザワ~~~!!!
オモイデ、インマイ、へ~イエイエ~~♪

Number Girl「サッポロOmoide In My Head状態」
20050615023659s.jpg

今のBGM:The Departure「All Mapped Up」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。