Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Doves ライブレポ
今回は即日レポじゃありません。セットリストも拾ってきてないんで正直臨場感や熱狂などは体にあまり残ってない文面になりそうですが…

んでDovesライブ当日なんですが、夕方起きて用事をちょこちょこ済ましてたら地元の駅に着いたのが開場の6時頃。この頃になって焦ったけどどうしようもなし。
結局着いたのはBigCatに開演20分前。着いてからこのハコは初だと気付く。年か?
感想としてはいいハコだと思う。区切りらしいものは何も無く、後方にはテーブルと灰皿。思い思いで過ごせるし、大きくなく一体感もある。
ドリンクチケットで早速酒を飲んで中に入ると余裕で最前線に。まだ100人も全然いない?大丈夫か?
しかしSFAにせよDovesにせよ、特にDovesなんか本国でAl2枚連続1位のバンドをこのクラスのハコで見れる日本人の幸せをかみ締めずにはいられない。

さて調整やらなんやらで15分ほど押してメンバー登場。いつも思うが単独で何故時間が押すのか?ツアースタッフの入りが遅いのか?
メンバーは淡々と楽器を持ち出す。今までも書いてますがメンバーとかそんな興味ないんでBa.がメインVo.と知らず、たまたま彼が目の前だったんでラッキー♪あとツアーメンバーらしきシンセの奴と合わせてBa. G. Dr.で四人構成。
と、いきなり「Snowden」!た~!やられた~!!大好きっス!!
続くは「Star Starts Falling」!!もうやるんすか!?3rdの好きな曲がひょいひょいとプレイされていく…恍惚です。
客は大分まったりさん。聞き入って曲が終わると拍手喝采です。「Star~」で手拍子したかったけど遠慮して出来なかった日本人気質な俺…
更に1,2曲挟んで「Pounding」が早々にきた!!…この頃には始めから気になっていた疑問が大きくなる。
Ba.G.の音が小さくないか?特にある種の曲で顕著になる。「Pounding」「Black And White Town」などのG.が印象的な曲です。
そう!!「Pounding」の世界有数の間奏の名G.が微妙だったのです!!ちょいアレンジもされてて弾き方も違ったし…がっかり…
程なく演奏された「Black And White Town」の後半のG.も小さくて微妙…そこが肝なのに!!
しかもアッパーチューンを根こそぎ序盤でぎやっちゃいましたが?
中盤からはやはりミドル、スローナンバーが続く。
おや?しかしこれがCDよりいい感じ。心にグングン響いてきた正に真骨頂だと言わんばかりのもんだ。
にしてもDr.が非常に聞いていて気持ちいい。ひどく単調なリズムの時もあるけどダイナミックで、見せ場ではこれでもかと叩きつけてくる!!ボリュームも申し分なし。シンセも音量充分だ。
全てのAlから適度に選曲されてたので知らない曲もあったけど、その美しさにはただやられた!!1stAlを買わねば。
ライブ本編で最も凄かったのは「Last Broadcast」!!良い曲だとは思っていたけどここまでの代物だったとは!!カッコイイ。
時間を忘れかけているとメンバーが退場していって本編終了を知らされる。「もうそんな時間か?」とビックリした。時間が経つのは早い。
程なく拍手と共にメンバー再登場。Ba.がDr.に、Dr.がそのままVo.となり「M62 Song」でアンコールスタート!!
この曲も本当に哀愁あって好きだ。切ないな~。
ほんでみんな大盛り上がりの1stの曲、更に楽器配置が元に戻って「Some Cities」へと熱狂は続く。そういやいつの間にかみんな熱くなってた。
そして待ちに待ったぞ「There Goes The Fear」だ!!Dr.セット前にもう一つのDr.が。なんやろ?と思っていると演奏開始。イントロからもうヤバイ。CDより全然カッコイイ。何がかは分からないが音が非常にアグレッシブだ。
曲に持ってかれっぱなしでドンドン進んでいく!!と、アウトロでVo.がBa.を外しおもむろに先ほどのDr.を叩き出す。ふと気付くとシンセもG.も手には打楽器!!
全員で民俗音楽よろしくでガンガン叩いてリズムを刻んでいく。やばすぎる。飛べます。
最後に力強く全員で「ダン!!」と終了を告げるリズムが打ち鳴らされ夢から覚める。
あ~カッコよかったよ、あんた達。「There Goes The Fear」最高だ!!!!
ここからは後記的なものです。やはり「Pounding」「Black~」はイマイチの出来と思う。私の位置のせいかもしれない。PAのせいかも。
しかし他の多くの曲での好演を考えると他の曲とは音のバランスが異なるのでしょうか?メンバーにとって焦点を合わせる曲ではないからセットリストの序盤で消化された。
そう考えると大好きな曲が=メンバーのやりたい曲ではないかと思うと寂しくなります。セットに入るってことはそうではないと思いますが…
そういう意味もあってCDよりいい曲もありますが、正直CDの方が魅力的な曲が幾つかあったのは勿体無い。よりレベルの高いライブバンドになってほしい。
客層は非常に外人多い。メンバーもやりとりして楽しそうだった。
Ba.が合間でちょこちょこマイケルジャクソンのモノマネをやってたのは可笑しかった。ついクスリと笑ってました。コール&レスポンスがフォーって♪外人がビリージーンをリクエストしてるし♪
さて問題はここからですが、最後の「There Goes The Fear」でVo.の前方付近に突っ込んでくる一団がいました。それは一方的にですが知っている人間で、関西の某有名ロックイベントのDJの一人とその身内でした。サマソニではMCもしておられました。
ライブの楽しみ方は人それぞれ、そんなことは百も承知です。しかしこのライブはそんな空気だったでしょうか?この人達は終始この調子だったでしょうか?答えはいずれも否です。
目当ての最後の曲で後ろからいきなり体当たり。好きに騒いで迷惑お構いなし。
最後にVo.がその人達に冷めた笑顔を向けていたのは非常に胸が痛いです。
彼らの行為が悪いかと問われればYESとは言えません。人それぞれ、この言葉に偽りは無いからです。
しかしそれでも、彼らがこの記事を目にする事はないでしょうが、再考してもらいたい。あなた方の行為が皆にとって心地いいものであったか。あなた方の行為が皆の心にどう残ったか??
ネット上での個人に対する誹謗中傷も当然許されるとは思いませんが、その上でなお言いたかったです。
最後の最後でケチがついてしまっていいライブとは言えない結末になりました。
上部の「There Goes The Fear」の記事は落ち着いた心境の現在、出来るだけケチを排除して書いたものであることを断っておきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Doves!
すごく臨場感のあるライヴレポですね!
しかも冷静に分析されてるところが尊敬です。
楽しく読ませていただきました♪
一度は聴いてみたい、生「There Goes The Fear」!!!

でもやっぱりライヴマナーを守って、雰囲気を読んで欲しいですね。
ライヴに来たみんなが良い気持ちで帰れるように。
2005/10/31(月) 00:19:27 | URL | りく #-[ 編集]
コメントありがとう
あんまいい事というかモラルとしてどうかっていう記事でしたね。

どう楽しむかも個人の責任ですからね。難しい問題です…う~ん、暗くなっちゃいましたね。
2005/10/31(月) 01:15:41 | URL | 牛馬鹿丸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
行ってきました。DOVES@SHIBUYA-AXへ。サマソニ以来のライブです。会場から2時間はかかるところに住んでるうえ、帰りに寄り道したりして家に着いたのは1時30分くらいです。。よって体力の限界なわけですが、やっぱ当日に書いといたほうが良さそうなので搾り出...
2005/10/31(月) 03:56:55 | 根ぐされ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。