Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Feederライブレポ
飲み会やら遊びやらバイトやらで死にそうな一週間を乗り越え、なんとかライブ行ってきました。

Feederライブなわけですが開演まで暇なんでタワレコ行って、もうすぐ期限切れのポイントを使いFeederの新作購入。ライブ30分前にそのバンドのCDを買うという暴挙敢行。
まぁ欲しかったからいいんだけど、買ったのはEU盤。「Shatier」入ってねぇ!!大失敗。再購入まじで検討中…幾らで売れるか?

会場に入ってみると流石はFeede、SFAとは客入りが違う。満員といってもいいんじゃないか?
開演前のSEは結構ベタでStrokes,Franz,G.Love,Kula Shakerなど。この辺もSFAと違うな~。
客層も女性多し!!外人いないな~。
因みに今回はビールは遠慮してノンアルコール。本当にカクテル入れてよクワトロさん。
5分押しぐらいでメンバー登場。お~、タカさんだ。何だか日本人いる事へのワケ分からん違和感が。
メンバーとサポートのG.を入れて四人編成でした。ポジションはサポートG.とVo.の間ぐらい。
Vo.グラントが「ウ~、ウ~~♪」と「Feeling A Moment」でスタート。いきなりお客さんも大盛り上がり。いいね~♪
機材の調子が悪いのか、PAに文句を言うグラントさん。「Great Start」とのMCは真意か皮肉か?
続いて「Shatier」。こら盛り上がるわい。というか結構いい感じで音が重いな。
続くは「Come Back Around」「Insomnia」「Buck Rodgers」と乱れ打ち!!グラントさん、言われなくても歌いますとも。
既に盛り上がりは最高潮です。クワトロの床が見事にたわんでます。
中盤からも最新Alからのナンバーを絡めつつ進行していきます。最近のキレイ系のメロディーも昔の重い音が基本に鳴っていて、軽い感じに仕上がってないのが非常に好印象。
「Pushing The Sence」を聞くとPoliceの「message in A Bottle」を思い出すのはご愛嬌。
美メロの曲の合間にもアッパーチューンが随所に盛り込まれて興奮の糸は全く途切れず。
グラントが屈託のない笑顔で笑うのが凄く印象に残ってる。正に少年のようだ。
九月に出演した「トップランナー」ネタもあった。「NHKのおかげでこんなにお客さんが来てくれた」的な。ちょいちょいタカさんが訳してくれるんでMCも分かりやすいなぁ。
あれよあれよと言う間に「Godzilla」で本編終了。

アンコールは「Tumble & Fall」でスタート。「Seven Days In The Sun」と続く。ほんま盛り上がる。
そして最後はお約束。今、必殺の「Just A Day」!!!
メンバーに「Are You Ready?」と声をかけるグラント。そして「トゥットゥルットゥ~トゥットゥルットゥ~♪」
うお~~~!!カッコイイ!!ただ純粋にカッコイイ!!
例えば10代にGreen DayやThe Off Springを聞いた頃に感じた感覚。そんなものがフラッシュバックしたようだった。
最後にモッシュに突っ込んで悔いなく終了。

今のFeederってバンドは1st~3rdの遺産と4th、5thの現在が混ざり合って、ライブバンドとしては一番脂の乗り切っている時期ではないだろうか?
セットリストを見てもキャリアから満遍なく選曲されており、それがまた大衆の意思ともほぼ違いのないものであることからもそう思う。
Feederよりキレイな曲を書くバンド、激しい曲を書くバンド、演奏の上手いバンド、構成の上手いバンド、どれを取っても数多といるとしか思えない。しかしそれでも今回のライブは非常に良かったと思う。
特に曲の構成に「やられた~!!」と思う事はない。というか読める。造り方自体は単調ですね。
でもそれが心地いい。お約束というわけじゃないですが、キテ欲しいときにクルというか求める音を与えてくれるというか。
もし音楽というものが減点法で審査されるなら、今のFeederは相当にレベルの高いバンドだろう。
客の温度、雰囲気、演奏、MC、ハコ、勿論楽曲も含め時間も適度で本当にいいライブでした♪
強いて言うなら「Forget About Tomorrow」だけ聞きたかったな。あしからず

1.Feeling A Moment
2.Shatter
3.Come Back Around
4.Insomnia
5.Buck Rodgers
6.Turn
7.Just The Way I'm Feeling
8.Tender
9.Pushing The Senses
10.Bitter Glass
11.Pilgrim Soul
12.Comfort In Sound
13.Burn The Bridges
14.High
15.We Can't Rewind
16.Waiting For Changes
17.Descend
18.Godzilla

(Encore)
19.Tumble And Fall
20.Seven Days In The Sun
21.Just A Day
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。