Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
黒澤映画の影響見え見え
一つのバンドにひたすら入れ込む人がいますけど、凄いですね。とてもマネできません。一つのツアーで全国何公演も行くなんてとても金も持たないし。
友人にそんな感じの某邦楽デュオファンがいるんですが、持っているのにリマスター版Sgを全部買ったり、出るCDは部屋用、車用と2枚買い、ツアーに行けばグッズは全部揃える。…すげぇよ…そこまで好かれれば本人も本望でしょう。
ただ、その人物まで全肯定だったり、そのバンドの曲だから全部いいってのはどうかな~?と思います。5年10年やってれば絶対しょぼいな~って感じる曲もあるだろうに「あいつらにはない!!」みたいなのは正直引きます。それはただの妄信じゃないのか?客観的評価できてるの?っと思う今日この頃。

さて、愚痴っぽい前口上になってしまいましたが今回はThe Samurai Sevenです。
いや~、もうタイトルにありますが、勿論、黒澤監督の「七人の侍」からバンド名を取ったそうです。あたかも邦楽バンドのようですが、オックスフォードで結成されたれっきとしたUKのバンドです(このバンド知るまではオックスフォードって米だと思ってました…)。
名前とは関係なくメンバーは4人編成だそうです。恐らくまだ1枚しかAlはリリースされてません。地元ではSgがラジオでよく流れるようになるも、Vo.があわや失明という怪我を負い解散寸前まで追い詰められます。しかしVo.の復帰を待ちレコーディング。遂にAlリリースまでこぎつけた苦労人達です。
曲には「侍」らしさなど微塵もかんじさせない。青春パワーポップ!!その手の音が好きな人には正に直球ど真ん中です。Weezerを思わせるひねくれ感はありつつも、若さゆえか音はWeezerよりも軽いPOPです(年はよく知りませんが)。
青臭さのあるメロディーはどの曲にも健在ながら、切り口の豊富さで全ての曲が違うカラーを持っています。青臭さと切り口の豊富さ、この一見反比例しそうな要素を併せ持っている辺りに曲構成の才能を多分に感じます。私はこのバンドの輸入版を見たことがないのですが国内版は3曲のボートラがどれも良曲、佳曲なのでむしろオススメです。凄い日本人受けしそうなメロなんですが、結構マイナーです。ちょっと共通のバンドが浮かびませんがTeenage Fan Club,Weezer,Fountain Of Wayne辺りが好きなら是非聞いてみて下さい。
実はこいつらググッてみてもろくにヒットしてくれません。絞り込まないと「七人の侍」が鬼ヒットするからなんですが…
だもんでAlは2年ほど前の作品なんですが、今何をしているかさっぱり分かりません。活動しているのか解散したのか、情報を持っている方いましたら教えて下さい。
ワラセンナ~、ワラワセンナ~♪

The Samurai Seven「Le Sport」
20050615235238.jpg

今のBGM:Ryan Adams「Firecracker」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。