Music Is My Radar ~馬鹿の馬鹿による馬鹿のための~
好きな音楽をメインに、ただつらつらと書いていこうと思います。 色々と音楽から脱線するかもしれませんが、暖かく見て下さい。 見てくださるのであれば…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
年末にとんでもない隠し玉がいた!!
こういうblogをやってるとついつい「今年のBest Album」的な物をやりたくなりますよね。つうわけでそういうものを近日中にアップする予定です。お暇なら見てくださいな。

それに向けて整理しようとすると最近俺的にグイグイきてるこいつらを書かずにはいられない。
The Fratellisです。
グラスゴー出身の3人組ですが、ラモーンズよろしく、全員がFratelli性を名乗ってます。
なんとなく臭うな~、と思ってCDを聴いてみるとやっぱりアホ臭が漂っていました。
別に悪い意味で言ってるつもりは皆無で、パーティー大好きって意味でアホ臭さ満載と言うことで。
楽曲のポップさ、キャッチーさ、Al通しての完成度の高さは今年度としてはArctic Monkeysに並び称して遜色のないものだと思います。
両者の最大の違いはArctic Monkeysはどこまでもカッコよく自分のロックを鳴らそうとしているのに対し、The Fratellisはどこまでも楽しく、踊れる曲を鳴らそうというところでしょうか。
演奏面に関しては恐らく両者トントンかな??

Alの冒頭から「Hello~♪」と幕を開ける「Henrietta」から楽しさ全開!!緩急の具合、サビのスピード感。どれを取っても絶妙。これ一曲でも新人としては破格もの!!
なだれ込むように「Flathead」へ移行。サビ(?)は「パラッパッパラララ~♪」と大合唱必死!!なんて気持ち良いリズムを刻むのだろうか。
アコギでちょいと落ち着いた「Whistle For The Chair」で一息。でもこれもカントリーチックでよく作られてるんよな。曲書いてる奴はかなり器用な奴だと思う。
「Chelsea Dagger」でも勢い止まらず、イントロから合唱で中盤以降のサビへの展開は怒涛の如く。ドラムがキッチリ固めのリズムを取ってます。

あ~!!一曲ずつウダウダ解説しても仕方ない!!「For The Girl」も「Creeping Up The Backstairs」も「Everybody Knows You Cried Last Night」も「Baby Fratelli」もいいっつうの!!

なんかね、こういつらの盛り上げ方はある種やらしいっていうか、どこで溜めてどこで吐き出せばリスナーが気持ちよくなるか知ってる。
それは自分達もリスナーであるからなんだろうけど、曲を作るときに常にリスナーの存在があると思う。
何度「そこでそうするのは反則やろ~」と思ったことか。まぁその時は口元は綻びっぱなしなんですが。
もうなんせ盛り上がり間違いなしのかなりのAlです!!

ただ、The Fratellisは多くの曲で3人分以上の音が散らかってるのでライブはどうなんでしょうか??打ち込みで対処するのか音が減るのか??
どちらも一長一短あるけど完全再現は望みにくそうだ…

今はこのAlで充分すぎてありがたい♪2006年を代表する1枚には間違いなし!!!!

The Fratellis「Costello Music」
20061216151324.jpg


今のBGM:電気グルーヴ「虹」
またスミス
また間が空いてしまった…New Rhodesです。
イギリスはブリストル出身の四人組。
特に語ることはなく、ただただThe Smithの再来がここまで似合うバンドはない。
The Smithフォロワーの枚挙がいとまないUK音楽事情において、The Smithらしいという一点においてはこのバンドは他の追随を全くといって良いほど許さない。
本当にモリッシーとマーが現代に生まれていたならこの音を紡いでいたのでないかと思わせる。それだけのセンスと色気を感じさせる音を作り上げているバンドです。
未だ若干の青さを感じさせるところが逆に良い方に働いてると思います。

曲を聴いていくとちょいと一本調子のようなのが気になります。
冒頭の「You've Given Me~」から高らかに幕を開けるオープニング。ところが同じような曲が多いと言われてしまうと身も蓋もないなぁ、という曲構成ではある。
お約束な展開でサビで抑揚が最大となり歌い上げるVo.…嫌いな人にはそれだけでダメかもしれない。
ただ、それがどうしようもなく気持ち良い人種もいる。というか私はそうだ。
この曲はこうだとか、この曲はこう違うとか、イマイチ足りない脳みそでは表現できない。叙情的な「Please Tell Me Something」とかあるけど、ぶっちゃけ似たようなもんだ(暴言)!!!
それでもAl通して駄曲はないと思う。全て掛け値なしにNew Rhodesだ。
ちょいと触れ込みが大げさすぎるのでそれに潰されないようにして欲しいもんだ。
現代のThe Smithはここにいる。
That I Can't Give~~…バ~~~ック!!!

NEW RHODES「Songs From The Lodge」
20061119160951.jpg

今のBGM:マキシマムザホルモン「アカギ」
COUNTDOWN JAPAN
いや~ハガキ当たりましたね♪
HPの文章を額面どおりに受け取るならば、約50%の確立だったわけで中々にラッキーと言う事にしておこうか!!

参加は大阪なんですが面子的には29日が一番好みかなぁ。

100s,ホルモン,Doping Panda,モーサム,電グル,ブンサテ,ホフディラン,斉藤和義

狙いはこの辺りです。
ほぼ29日ですね♪
でもホフディランの再結成とか、上には書いてないけどクロマニヨンズとか90年代(からやってる人)バンドをメインに聴いていこうを計画中。

楽しみな年末になりそうです♪
時間がないのでこの辺で失礼します。今回短い!!!

カウントダウンジャパンHP
スミスはやっぱり英雄らしい
なにぶん夜中に書いてるものでさくさく行こう。

The Upper Roomです。
最近になってモリッシーのような色気のあるVo.のバンドがよく耳に入ってくる。その内お気に入りの一つがこのThe Upper Room。
CDのライナーによれば一枚のCDも出す前にSONYとの契約が成立していたそうな…とんでもない話だ。
音楽性としては軸にはギターポップの血が色濃く際立つものの、先に述べたようにスミスの影響を随所に感じさせる部分も多々見られる。
少し前のニューウェーブリバイバルとは違った意味での80年代最考、いくつかのUKバンドで見られる傾向である。
しかしメンバー自身が「ポップソングを作ること」を命題に掲げているように決して80年代懐古のままでは終らせない。
演奏面について向上する余地は多々あるもののメロディーはよく作りこまれていてソングライターとしての確かな資質を感じ取るに足る内容だ。
メンバーの中には以前ダンスミュージックをやっていた者もいるそうで、その影響がAlの随所に光っている。「Portrate」などはその顕著な例だがそのダンスミュージックの経験が曲にしっかりとした聴いていて気持ちの良いテンポを与えている。
ギターポップ+UK+ダンスと式にしてしまえばなんと無敵な事か。ダンスはエッセンス的な意味合いで用いられていると思うけど。
まぁしかしポップソングを作ると公言しながら(自分でハードルを上げながら)のこの出来は新人がてらに大したものだ。

さぁ、あなたがThe Upper Roomを買ってみようか躊躇すると言うならば、深くを知ろうとせずともAl冒頭の「All Over This Town」「Black And White」を連続で聴いてみるといいと思う。
もしこの2曲でピンとこないなら、残念ながらこのバンドはあなたの趣味とは合わないのでしょう。
しかし「All Over This Town」に小気味よさを感じたならば、「Black And White」を聴いて共に「Pain,Pain」と口ずさんでしまうなら、The Upper Roomはあなたに良質なポップを届けてくれる事でしょう。
Pain,Pain,Pain,Pain,Pain,Pain…

追記、CDを聞き流しているとどうも聴いた事のあるG.が聞こえてくる。
ん?これって…U2やんけ!!
というわけで日本版ボートラのU2カバー「I Will Follow」も個人的には好きだ。完コピでアレンジんじゃいけどね。

The Upper Room「Other People's Problems」
20061107020522.jpg

今のBGM:Dirty Pretty Things「Gin & Milk」
Vines関連かと勘違い…
久々で書きたいCDは山盛りですが徐々にこなしていきましょう。やっぱりblog書いてるとタイピング練習なるなぁ。

シカゴ出身The Hush Soundです。
いやね、試聴のみで全く予備知識なしに下のCDを買ったもんで、どっちがバンド名でどっちがCD名か分からなかったわけですよ。
男女混声Vo.の4人編成バンドです。
なんか説明にFall Out Boyのメンバーがプロデュースとか書いてあるからてっきりそっち系の音を想像していたらガッツリ裏切られます!!個人的にはメチャメチャいい意味で。

説明だと直球パンクしか想像できませんがいやはや、ロック、ポップ、ジャズ、スウィングごった煮スタイルですわな。
これが2ndAlらしくメンバーの年齢は知らないんですが、それだけのジャンルを混ぜ込みつつもしっかり消化出来ていて自分達の音として放出している完成度の高さは凄いと思う。

女Vo.の方はThe Cardigansみたいな感じの声で好印象。男Vo.との声質の相性も◎

Ben Folds Five髣髴とさせるピアノから始まる「We Interwind」やJazz色の強い「Don't Wake Me Up」で気持ちよく踊るもよし、「Light house」や「Where We Went Wrong」で男女Vo.をそれぞれ楽しむもよし、攻守のバランス感覚が非常に優れた一枚。

ジャケットも含めて相当質の高い一枚。捨て曲もないしAl単位で勝負できる。ちょっと凄いぞこいつら。末永く聴けそう。
実際何歳ぐらいなんだろうか??ある種完成されつつある音を作ってるだけに気になるところ。間違いなく買いです。

The Hush Sound「Like Vines」
20061106012221.jpg

今のBGM:The Upper Room「Black And White」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。